自費出版

6.自分史・自叙伝

トップページ>自費出版>6.自分史・自叙伝>「女性服飾の歩みと私」徳永菊代
「女性服飾の歩みと私」徳永菊代

「女性服飾の歩みと私」徳永菊代

発行日  平成18年7月1日
発行所  株式会社いのうえ
著 者  徳永菊代
印刷・製本 あさひ高速印刷株式会社
B5判 78ページ 並製本

阪急園田駅前で洋装店を経営する徳永菊代さんが、女性ファッションの歴史と自身の洋装店経営者としての半世紀余りを一冊の本にまとめた。古代から中世、近世、現代へのファッションの移り変わりを230枚に及ぶスタイル画を交えて解説しているので、わかりやすく、また、徳永さんの自分史には日本の服飾史を垣間見ることが出来、興味深い。

サーモンピンクを基調に初期のディオールのスタイル画があしらわれた表紙は、華やかでファッショナブル。この本が執筆されることになったきっかけは、徳永さんの知人で神戸大学学友会「一金会」の世話役をする川北正氏の要請で講演した「ファッションの歩み」。

「断片的な資料や専門的な服飾史はあっても、一般の人が気楽に読めるものは少ないので、講演の内容に加え自分が服飾に関わってきた個人的な歴史もちりばめ書いてみる気になった」と言う徳永さん。

ファッションの歴史は、壁画などでよく眼にするエジプトのロインクロス(腰巻状)から始まり、現代の洋服の起源となっている西ローマ帝国時代のロマネスクスタイル、近世の幕開け、ルネッサンスのイタリアスタイルからマリーアントワネットに象徴される贅を尽くしたフランセーズ、明治の日本に洋装が輸入されたバッスルスタイル、そして、服飾文化の蓄積が一気に花開いた戦後のパリモード、日本のデザイナーが東洋を意識して発表したアンチクチュールまで、詳しく紹介され、歴史の流れとファッションの関係性が語られている。また、徳永さんが呉服商に生まれ、洋裁学校を卒業後、一人で洋裁店を始め、子育てをしながらも経営セミナーに参加し、今の洋装店「INOUE」1号店・2号店にまでしたことなど自分史も興味深い。衣料業界が様変わりし既製品が量産され、流行に流される中、「もう少し長いスパンで物事を展望する必要があるのではないでしょうか。そんなことを考える一助になれば」と徳永さんはこの本に思いを込めた。

あさひ高速印刷に見積もりを依頼する

自費出版のご案内

大阪・東京・宝塚に事務所をもつあさひ高速印刷では、自叙伝・私小説などの個人出版や詩集・写真集・絵本といった作品集などの自費出版をきめ細かくサポート。経験と新しい発想をもった編集者がお客様のご要望にお応えします。

印刷会社ならではの合理的な納期・予算をご提供します。

  • 印刷原価での制作費のお見積
  • 印刷会社ならではの短納期
  • 専門知識を身につけた執筆者による代筆も可能
<こんな本をつくりたい>
自分史・体験記・遺稿集・追悼集・随筆・紀行文
句集・歌集・詩集・小説・絵本・画集・写真集・記念誌・社史など

自費出版無料相談会

自分史・記念誌・情報誌・会報・俳句集・写真集など、スタッフが原稿作成からしっかりとお手伝い致します。 予約制となっておりますので、まずはご連絡ください。

日時:毎月第一土曜日 AM10:00~PM4:00
場所:ウィズたからづか編集部    
TEL:0797-71-6821
宝塚市南口2丁目14-1-600
自費出版担当:田崎まき子
宝塚でタウン誌の制作に携わって20年。 編集のプロとして親切、丁寧にアドバイスさせていただきます。 本づくりの過程を楽しみながら、あなたの大切な1冊をつくっていきましょう。

本づくりの手順

本づくりの手順
値段
編集 当社の編集者が割り付け、校正などを行う費用
印刷・製本 組み版、製版から印刷・製本までの費用
(本の仕様以外に手書き・データなど原稿の形態によってもことなる)
装丁・デザイン 外箱やカバー、表紙のデザインなどをプロのデザイナーに発注する場合に必要。
色校正(カラーの場合) 普通1回ですが、回数によってプラスされます。
添削 リライトや大幅な添削が必要な場合
写真撮影 写真はご用意頂くのが原則ですが、作品集など撮影が必要な場合
取材・執筆 原稿のない場合や一部に対談やインタビューなどを入れる場合

自費出版のご依頼可能地域

自費出版では、仕様や色校正のご確認など、納得のいく作品作りのため、綿密な打ち合わせが必要になってきます。大阪市近郊以外の地域のお客様は基本的にお請けしておりません。あらかじめご了承ください。

宝塚・池田・芦屋・西宮・伊丹・尼崎・大阪市内・茨木・高槻・京都方面
問い合わせ
電話でのお問い合わせ:大阪本社 06-6448-7521 問い合わせ担当まで
メールでのお問い合わせ:問い合わせ専用窓口 thanks@ag-media.co.jp