自費出版

2.作品集・写真集

トップページ>自費出版>2.作品集・写真集>「伊藤三郎の眼 —フィルムに焼き付けた歴史—」伊藤三郎 
「伊藤三郎の眼 —フィルムに焼き付けた歴史—」伊藤三郎 

「伊藤三郎の眼 —フィルムに焼き付けた歴史—」伊藤三郎 

写真集 「伊藤三郎の眼」
平成18年9月発行
発行者 伊藤三郎
印刷・製本 あさひ高速印刷株式会社
上製本A4判 80ページ カラー
スブリマ印刷 (高精細画質)

戦時中のモノクロ写真を含め、 80余点の写真を収めた写真集 「伊藤三郎の眼」 を完成させた伊藤さんは大正7年生まれの88歳。 米寿の記念に、 と思い切ってこれまで撮りためた写真を80枚に絞り込んで素晴らしい写真集に仕上げた。

クラフトの箱に収められたA4判横型の写真集 「伊藤三郎の眼」。 そのタイトルが如実に示すように伊藤さんの眼が捉えようとした風景や人物がカメラを通して、 その場の空気とともに切り取られている。 黒の地に5枚の写真がレイアウトされた印象的な表紙をめくると日中戦争中 (昭和13年) の日本を捉えた写真に始まり、 大阪駅前や難波の今昔、 戦後のバラックから見る公団住宅の風景など歴史を語る18点のモノクロ写真が収められている。 一時活動を中断する時期があり、 昭和60年代からはカラー写真に変わる。 写真集の中にはコンクールで受賞した作品も多く、 中でも日本郵船主催のコンテストで特選に選ばれ、 カレンダーにもなった 「イエローカブ」 や日本新聞協会 「新聞のある風景」 コンテストで奈良県最優秀賞を受賞し五大紙にも紹介されたインドの 「異国の朝」 は心に焼きつくスナップ写真。 全日本写真連盟に所属した頃からスナップを撮り始め、 中国奥地の少数民族の生活や日本の祭りの風景を伊藤さん独自の眼で捉えたスナップが写真集を飾る。

全日写連生駒支部の設立にかかわり、 現在も顧問として撮影会や例会を精力的にこなしている。 「80枚に絞るのは大変でしたが、 思い切って写真集という形に残せたことに満足しています。 安価なオンデマンド印刷も検討しましたが、 やはり写真集ですから色に拘り、 高精細印刷にしてよかったと思います。 まだ、 これからも撮り続けますし、 今回写真集に収められなかったものも含め、 第二弾にも挑戦したい」 という伊藤さん。

旧制中学時代にベスト単玉カメラ (コダック製) で写真を撮り始め、 途中中断はあったもののカメラを手放さず、 今年米寿を迎え、 写真に新たな意欲を燃やしている。

あさひ高速印刷に見積もりを依頼する

自費出版のご案内

大阪・東京・宝塚に事務所をもつあさひ高速印刷では、自叙伝・私小説などの個人出版や詩集・写真集・絵本といった作品集などの自費出版をきめ細かくサポート。経験と新しい発想をもった編集者がお客様のご要望にお応えします。

印刷会社ならではの合理的な納期・予算をご提供します。

  • 印刷原価での制作費のお見積
  • 印刷会社ならではの短納期
  • 専門知識を身につけた執筆者による代筆も可能
<こんな本をつくりたい>
自分史・体験記・遺稿集・追悼集・随筆・紀行文
句集・歌集・詩集・小説・絵本・画集・写真集・記念誌・社史など

自費出版無料相談会

自分史・記念誌・情報誌・会報・俳句集・写真集など、スタッフが原稿作成からしっかりとお手伝い致します。 予約制となっておりますので、まずはご連絡ください。

自費出版担当
田崎まき子
宝塚でタウン誌の制作に携わって20年。
編集のプロとして親切、丁寧にアドバイスさせていただきます。
本づくりの過程を楽しみながら、あなたの大切な1冊をつくっていきましょう。

本づくりの手順

本づくりの手順
値段
編集 当社の編集者が割り付け、校正などを行う費用
印刷・製本 組み版、製版から印刷・製本までの費用
(本の仕様以外に手書き・データなど原稿の形態によってもことなる)
装丁・デザイン 外箱やカバー、表紙のデザインなどをプロのデザイナーに発注する場合に必要。
色校正(カラーの場合) 普通1回ですが、回数によってプラスされます。
添削 リライトや大幅な添削が必要な場合
写真撮影 写真はご用意頂くのが原則ですが、作品集など撮影が必要な場合
取材・執筆 原稿のない場合や一部に対談やインタビューなどを入れる場合

自費出版のご依頼可能地域

自費出版では、仕様や色校正のご確認など、納得のいく作品作りのため、綿密な打ち合わせが必要になってきます。大阪市近郊以外の地域のお客様は基本的にお請けしておりません。あらかじめご了承ください。

宝塚・池田・芦屋・西宮・伊丹・尼崎・大阪市内・茨木・高槻・京都方面
問い合わせ
電話でのお問い合わせ:大阪本社 06-6448-7521 問い合わせ担当まで
メールでのお問い合わせ:問い合わせ専用窓口 thanks@ag-media.co.jp