自費出版

9.一般・教養

トップページ>自費出版>9.一般・教養>「歴史華やぐ女たち中国美女列伝」
「歴史華やぐ女たち中国美女列伝」

「歴史華やぐ女たち中国美女列伝」

発行日 2006年10月13日
著 者 泉  和幸
発行者河口貴賦
発行所 圓石本店
発売元 あさひ高速印刷株式会社出版部
印刷所 あさひ高速印刷株式会社
定 価 1、260円
    (本体1、200円+税)
四六判 224ページ 並製本

歴史や人物を経営の視点から考察し、テレビや講演会でも人気の経済評論家・泉和幸さんが、大阪北新地新聞に連載していた記事「あのねのネ」を一冊にまとめて出版。西施、王昭君、則天武后、万貴妃など中国の歴史を彩る女性たち51人の物語は、現世でくりひろげられているドラマとどこか二重写しとなっているのではと好評。

約3000軒もの飲食店が軒を連ねる夜の街「北新地」。かつては財界人の情報交換の場として栄えていたが、バブルがはじけ新地の街も様変わりした。経済不況のなか、健全で安全な夜の街・北新地の再興を願う河口さん(石鍋料理圓石本店店主)が北新地社交料飲協会理事長に就任したのを祝して、経済評論家の泉さんが、北新地新聞に、中国の歴史で活躍した女性たちの記事「あのねのネ」を書き始めた。河口さんは泉さん主催の、中国の歴史を現代の経営とマッチングさせおもしろく古典を学ぶ「中国古典塾」のメンバー。新しい時代に似つかわしい北新地の再興に意欲を燃やす河口さんに、泉さんが「がんばりや〜」の意味をこめて連載を続け4年半、50回を数えたのを記念して出版の運びとなった。

北新地新聞に連載当時より「毎月パッチワーク物語を楽しませて貰っている」の声を聞いていたが、中国美女列伝を読んだ人からは「現代社会にも通じるものが垣間見られた」との感想が多く寄せられている。

奇妙なことに、ここに登場する女性たちや、そこに蠢く男性たちの生態には、平成の世に散見する営みや葛藤がそっくり投影されているということです。哀歓こもごも人間模様にそこはかとない共感を覚えて頂ければ、筆者の最高の喜びとするところです。中国史を彩る女性たちの華やぎを、どうぞグラス片手にお愉しみ下さい」と泉さんは話している。


プロフィール・泉和幸・いずみかずゆき
昭和5年、東京生まれ。昭和28年、広島大学哲学科を卒業、産経新聞大阪本社に入社。大阪新聞部、東京本社販売局企画開発部を経て、大阪新聞社編集企画担当部長に就任、昭和54年退社。昭和56年泉事務所を設立、経済評論家として活動を開始。昭和57年から異業種交流会「21の会」を発足させ、「中国古典塾」も併設。平成10年より後継者育成塾「ユース21」「一木会」を発足。NHK神戸文化サロン常任講師「おもしろ経済学」。西宮市在住。

あさひ高速印刷に見積もりを依頼する

自費出版のご案内

大阪・東京・宝塚に事務所をもつあさひ高速印刷では、自叙伝・私小説などの個人出版や詩集・写真集・絵本といった作品集などの自費出版をきめ細かくサポート。経験と新しい発想をもった編集者がお客様のご要望にお応えします。

印刷会社ならではの合理的な納期・予算をご提供します。

  • 印刷原価での制作費のお見積
  • 印刷会社ならではの短納期
  • 専門知識を身につけた執筆者による代筆も可能
<こんな本をつくりたい>
自分史・体験記・遺稿集・追悼集・随筆・紀行文
句集・歌集・詩集・小説・絵本・画集・写真集・記念誌・社史など

自費出版無料相談会

自分史・記念誌・情報誌・会報・俳句集・写真集など、スタッフが原稿作成からしっかりとお手伝い致します。 予約制となっておりますので、まずはご連絡ください。

自費出版担当
田崎まき子
宝塚でタウン誌の制作に携わって20年。
編集のプロとして親切、丁寧にアドバイスさせていただきます。
本づくりの過程を楽しみながら、あなたの大切な1冊をつくっていきましょう。

本づくりの手順

本づくりの手順
値段
編集 当社の編集者が割り付け、校正などを行う費用
印刷・製本 組み版、製版から印刷・製本までの費用
(本の仕様以外に手書き・データなど原稿の形態によってもことなる)
装丁・デザイン 外箱やカバー、表紙のデザインなどをプロのデザイナーに発注する場合に必要。
色校正(カラーの場合) 普通1回ですが、回数によってプラスされます。
添削 リライトや大幅な添削が必要な場合
写真撮影 写真はご用意頂くのが原則ですが、作品集など撮影が必要な場合
取材・執筆 原稿のない場合や一部に対談やインタビューなどを入れる場合

自費出版のご依頼可能地域

自費出版では、仕様や色校正のご確認など、納得のいく作品作りのため、綿密な打ち合わせが必要になってきます。大阪市近郊以外の地域のお客様は基本的にお請けしておりません。あらかじめご了承ください。

宝塚・池田・芦屋・西宮・伊丹・尼崎・大阪市内・茨木・高槻・京都方面
問い合わせ
電話でのお問い合わせ:大阪本社 06-6448-7521 問い合わせ担当まで
メールでのお問い合わせ:問い合わせ専用窓口 thanks@ag-media.co.jp