自費出版

2.作品集・写真集

「大江悦子 画集」

「大江悦子 画集」

発 行  2006年12月1日
作 者  大江悦子
発行者 大江昭治
印 刷  あさひ高速印刷株式会社
A4判 96ページ 並製本 
オールカラー

50代からはじめた水墨画に傾倒し、5年前には喜寿の個展を開催した大江悦子さんが、描きためた作品を編纂して画集を発刊。出来上がった作品集は知人友人に配られ多くの人の目を楽しませ、大江さんの生きた証しとなった。

53歳の時、半年間の入院生活を余儀なくされた大江悦子さん、俳句と俳画を嗜んでいた入院仲間に感化を受け、門真市文化協会俳画部で俳画を習いはじめた。その後本格的に水墨画を学びたいと一念発起し、朝4時起き日帰りで、東京新宿のサロン・デ・ボザール墨絵師範養成講座を受講。

「始発の新幹線の窓から早朝の富士山の勇姿が見え、今日一日しっかり勉強しようと清々しい気持ちになりました」

平成8年、日本南画院の重鎮、直原玉青先生に入門し膝下の弟子の一人となり、現在は日本南画院正会員並びに現代南画協会正会員。四條畷市美術協会では水墨画部門の幹部として、副会長、会長をつとめ、自宅で近所の人を中心に水墨を教えている。5年前に喜寿の祝の個展を開き、昨年これまでに描きためた作品を絞りこみ、あさひ高速印刷株式会社より一冊の画集として発行した。

佛画、人物、花鳥、風景などテーマごとに編集された作品は、好きなジャンルの絵を美しい写真で見ることができると画集を手にとった人からも好評。1400万画素のデジタルカメラで撮影したので、従来のフィルムカメラよりコストがかからず、満足のいく仕上がりとなった。

大江さんが30年間続けてきた水墨画の、集大成ともいえるかけがえのない画集のまえがきには、「齢82歳となり、中々に順調な上達はかないませんが、自分の生きた証しとして、拙い作品ながら、茲に画集を発刊することにいたしました。折に触れ、私を支えてくださいました多くのお友達、そして家族に心から感謝致します」と添えられている。

あさひ高速印刷に見積もりを依頼する

自費出版のご案内

大阪・東京・宝塚に事務所をもつあさひ高速印刷では、自叙伝・私小説などの個人出版や詩集・写真集・絵本といった作品集などの自費出版をきめ細かくサポート。経験と新しい発想をもった編集者がお客様のご要望にお応えします。

印刷会社ならではの合理的な納期・予算をご提供します。

  • 印刷原価での制作費のお見積
  • 印刷会社ならではの短納期
  • 専門知識を身につけた執筆者による代筆も可能
<こんな本をつくりたい>
自分史・体験記・遺稿集・追悼集・随筆・紀行文
句集・歌集・詩集・小説・絵本・画集・写真集・記念誌・社史など

自費出版無料相談会

自分史・記念誌・情報誌・会報・俳句集・写真集など、スタッフが原稿作成からしっかりとお手伝い致します。 予約制となっておりますので、まずはご連絡ください。

自費出版担当
田崎まき子
宝塚でタウン誌の制作に携わって20年。
編集のプロとして親切、丁寧にアドバイスさせていただきます。
本づくりの過程を楽しみながら、あなたの大切な1冊をつくっていきましょう。

本づくりの手順

本づくりの手順
値段
編集 当社の編集者が割り付け、校正などを行う費用
印刷・製本 組み版、製版から印刷・製本までの費用
(本の仕様以外に手書き・データなど原稿の形態によってもことなる)
装丁・デザイン 外箱やカバー、表紙のデザインなどをプロのデザイナーに発注する場合に必要。
色校正(カラーの場合) 普通1回ですが、回数によってプラスされます。
添削 リライトや大幅な添削が必要な場合
写真撮影 写真はご用意頂くのが原則ですが、作品集など撮影が必要な場合
取材・執筆 原稿のない場合や一部に対談やインタビューなどを入れる場合

自費出版のご依頼可能地域

自費出版では、仕様や色校正のご確認など、納得のいく作品作りのため、綿密な打ち合わせが必要になってきます。大阪市近郊以外の地域のお客様は基本的にお請けしておりません。あらかじめご了承ください。

宝塚・池田・芦屋・西宮・伊丹・尼崎・大阪市内・茨木・高槻・京都方面
問い合わせ
電話でのお問い合わせ:大阪本社 06-6448-7521 問い合わせ担当まで
メールでのお問い合わせ:問い合わせ専用窓口 thanks@ag-media.co.jp