自費出版

9.一般・教養

トップページ>自費出版>9.一般・教養>「Dr.オグラの健康夜話」
「Dr.オグラの健康夜話」

「Dr.オグラの健康夜話」

発行日 2007年2月5日
定 価 1575円(本体1500円+税)
著 者 小倉 浩
発行者 高岡幸弘
発 行 株式会社宝塚出版 0797-88-0950
発売元 株式会社星雲社  03-3947-1021
編 集 ウィズたからづか編集部
印刷・製本 あさひ高速印刷株式会社
四六判・210ページ

2007年2月5日に宝塚出版から発行し、全国の書店で発売、既に評判を呼んでいる「Dr.オグラの健康夜話」。表紙には陶芸家、三宅一郎氏の作品があしらわれ、陶製スタンドから漏れる仄かな明かりがタイトルの夜話にマッチしている。見開きに1話、100話のコラムが収められているので枕元に置いて毎夜1話読むのにちょうどいい手軽な本といえそう。

著者の小倉医師は、大阪府立成人病センター、NTT西日本などの病院を経て、平成12年から放送局の診療室に勤務、その時、健康に関する記事を社報に書いてほしいと依頼された。が、「まじめな健康管理では誰も読まないから軽い調子のものを」と編集長から注文があり、肩のこらない、でも健康を意識させるコラムの連載が始まった。大阪人らしい笑いの中に健康の落とし穴などがちりばめられ、健康に関心がない人でも、読んでみたくなるおもろい話は、社員にも好評とあって、本にまとめることに。

低塩分(1日6g)について書かれた「第四十一話・秋刀魚の塩焼き食えんで」には、日本人の伝統的味覚と低塩分を意識しすぎることのマイナス面が指摘されていたり、「第百話・人には二つの道がある」では、喫煙について「肺がんで死ぬのは恐ろしいと禁煙したやつがしょっちゅうスピード違反して運転してるけど、どっちが恐ろしいねんやろ」という医者らしくない指摘に唸ってしまったり。

とにかく異色の健康談義が面白い。小倉医師がまえがきで「健康ブームに流され、健康依存症にならないためにも、これからは自分の生き方に則した健康管理が必要ではないでしょうか」と述べているようにこの本には自分の身体を自分で管理するためのヒントが詰まっている。

あさひ高速印刷に見積もりを依頼する

自費出版のご案内

大阪・東京・宝塚に事務所をもつあさひ高速印刷では、自叙伝・私小説などの個人出版や詩集・写真集・絵本といった作品集などの自費出版をきめ細かくサポート。経験と新しい発想をもった編集者がお客様のご要望にお応えします。

印刷会社ならではの合理的な納期・予算をご提供します。

  • 印刷原価での制作費のお見積
  • 印刷会社ならではの短納期
  • 専門知識を身につけた執筆者による代筆も可能
<こんな本をつくりたい>
自分史・体験記・遺稿集・追悼集・随筆・紀行文
句集・歌集・詩集・小説・絵本・画集・写真集・記念誌・社史など

自費出版無料相談会

自分史・記念誌・情報誌・会報・俳句集・写真集など、スタッフが原稿作成からしっかりとお手伝い致します。 予約制となっておりますので、まずはご連絡ください。

日時:毎月第一土曜日 AM10:00~PM4:00
場所:ウィズたからづか編集部    
TEL:0797-71-6821
宝塚市南口2丁目14-1-600
自費出版担当:田崎まき子
宝塚でタウン誌の制作に携わって20年。 編集のプロとして親切、丁寧にアドバイスさせていただきます。 本づくりの過程を楽しみながら、あなたの大切な1冊をつくっていきましょう。

本づくりの手順

本づくりの手順
値段
編集 当社の編集者が割り付け、校正などを行う費用
印刷・製本 組み版、製版から印刷・製本までの費用
(本の仕様以外に手書き・データなど原稿の形態によってもことなる)
装丁・デザイン 外箱やカバー、表紙のデザインなどをプロのデザイナーに発注する場合に必要。
色校正(カラーの場合) 普通1回ですが、回数によってプラスされます。
添削 リライトや大幅な添削が必要な場合
写真撮影 写真はご用意頂くのが原則ですが、作品集など撮影が必要な場合
取材・執筆 原稿のない場合や一部に対談やインタビューなどを入れる場合

自費出版のご依頼可能地域

自費出版では、仕様や色校正のご確認など、納得のいく作品作りのため、綿密な打ち合わせが必要になってきます。大阪市近郊以外の地域のお客様は基本的にお請けしておりません。あらかじめご了承ください。

宝塚・池田・芦屋・西宮・伊丹・尼崎・大阪市内・茨木・高槻・京都方面
問い合わせ
電話でのお問い合わせ:大阪本社 06-6448-7521 問い合わせ担当まで
メールでのお問い合わせ:問い合わせ専用窓口 thanks@ag-media.co.jp