自費出版

9.一般・教養

トップページ>自費出版>9.一般・教養>「彷徨40年 テレビ・古代史・クラシック」
「彷徨40年 テレビ・古代史・クラシック」

「彷徨40年 テレビ・古代史・クラシック」

発 行 平成19年4月9日
著 者 鳥羽 郁夫
発行者 高岡 幸弘
発行所 株式会社宝塚出版
印刷所 あさひ高速印刷株式会社
四六判 212ページ 並製本

「彷徨40年」 の表紙は雲をバックにノスタルジックなテレビが浮び、 裏表紙には著者・鳥羽さんの故郷の安曇野の写真。 テレビ放送とふるさと信州への愛着を感じさせ懐かしい情景をかもしだす。

まだテレビの 「揺籃期ようらん き 」 ともいえる1967年、 鳥羽さんは読売テレビへ入社した。 報道部に配属されニュースの取材に走り回り、 映像の力にテレビの大きな可能性を見つけた。 シリアスなドキュメンタリーをスタートに、 歴史や文化の教養ドキュメント、 政治経済のトーク番組などの制作を経て、 2002年より社内報の編集を担当することに。 60歳の定年を跨いで、 原稿集めから編集、 校正まですべて一人でこなす鳥羽さんは、 編集後記に四季折々の随想を執筆し社内で好評を博す。 そして、 社報後記を中心に長年書きためた文章を整理して一冊の本にまとめあげた。

「彷徨40年」 はどこからでも読みすすむことができ、 鳥羽さんが訪れた演奏会の感想や時事問題などひとつのテーマにしぼって書かれた編集後記の他、 音楽ドキュメンタリーや古代史番組作りの裏側がつづられていて興味深い。

番組を通じて様々なところで出会い接点のあった人たちにできあがった本を送ったところ、 大きな反響があったという。 昔を懐かしみ長い手紙をくれた人も多く、 鳥羽さんはその返礼に嬉しい悲鳴をあげながらも、 40年間書き綴った文章を本という形で残せたことに満足している。

鳥羽さんが入局して間もなく同期3人で出した同人誌も、 タイトルが 「彷徨」 であった。 入社当時は未知のテレビという世界で積極的に 「さまよい歩こう」 という意識があったのだという。 そして40年たった今 「彷徨40年」 のあとがきは、
2007年3月 彷徨未だ終わらず 鳥羽郁夫」 と結ばれている。

あさひ高速印刷に見積もりを依頼する

自費出版のご案内

大阪・東京・宝塚に事務所をもつあさひ高速印刷では、自叙伝・私小説などの個人出版や詩集・写真集・絵本といった作品集などの自費出版をきめ細かくサポート。経験と新しい発想をもった編集者がお客様のご要望にお応えします。

印刷会社ならではの合理的な納期・予算をご提供します。

  • 印刷原価での制作費のお見積
  • 印刷会社ならではの短納期
  • 専門知識を身につけた執筆者による代筆も可能
<こんな本をつくりたい>
自分史・体験記・遺稿集・追悼集・随筆・紀行文
句集・歌集・詩集・小説・絵本・画集・写真集・記念誌・社史など

自費出版無料相談会

自分史・記念誌・情報誌・会報・俳句集・写真集など、スタッフが原稿作成からしっかりとお手伝い致します。 予約制となっておりますので、まずはご連絡ください。

日時:毎月第一土曜日 AM10:00~PM4:00
場所:ウィズたからづか編集部    
TEL:0797-71-6821
宝塚市南口2丁目14-1-600
自費出版担当:田崎まき子
宝塚でタウン誌の制作に携わって20年。 編集のプロとして親切、丁寧にアドバイスさせていただきます。 本づくりの過程を楽しみながら、あなたの大切な1冊をつくっていきましょう。

本づくりの手順

本づくりの手順
値段
編集 当社の編集者が割り付け、校正などを行う費用
印刷・製本 組み版、製版から印刷・製本までの費用
(本の仕様以外に手書き・データなど原稿の形態によってもことなる)
装丁・デザイン 外箱やカバー、表紙のデザインなどをプロのデザイナーに発注する場合に必要。
色校正(カラーの場合) 普通1回ですが、回数によってプラスされます。
添削 リライトや大幅な添削が必要な場合
写真撮影 写真はご用意頂くのが原則ですが、作品集など撮影が必要な場合
取材・執筆 原稿のない場合や一部に対談やインタビューなどを入れる場合

自費出版のご依頼可能地域

自費出版では、仕様や色校正のご確認など、納得のいく作品作りのため、綿密な打ち合わせが必要になってきます。大阪市近郊以外の地域のお客様は基本的にお請けしておりません。あらかじめご了承ください。

宝塚・池田・芦屋・西宮・伊丹・尼崎・大阪市内・茨木・高槻・京都方面
問い合わせ
電話でのお問い合わせ:大阪本社 06-6448-7521 問い合わせ担当まで
メールでのお問い合わせ:問い合わせ専用窓口 thanks@ag-media.co.jp