自費出版

9.一般・教養

トップページ>自費出版>9.一般・教養>「随想民芸運動論」 -名もなき陶工からのメッセージ-
「随想民芸運動論」 -名もなき陶工からのメッセージ-

「随想民芸運動論」 -名もなき陶工からのメッセージ-

発行日 平成19年10月30日
著 者 西堀寛厚
印 刷 あさひ高速印刷株式会社
B6判 200ページ 並製本

民芸の工人としてやきもの作り一筋の西堀寛厚さんが、日本工芸館機関誌「日本の民芸」に五年間にわたり掲載した文章をまとめて「随想民芸運動論」を出版した。民芸運動を科学的に論ずる西堀さんが、機械文明にながされ目まぐるしく変わる現代に、メッセージを投げかけている。

西堀寛厚さんは昭和13年熊本生まれ。同志社大学文学部在学中、柳宗悦の工芸思想に出会い、卒業後作陶を志したという職人として珍しいケースだ。京都で陶技を磨き昭和44年に露古寿窯を独立開窯、民芸運動に参加し民芸の趣旨に則した日用食器を中心に製作、使うほどに温かみと楽しさを味わえるやきものを作りつづけている。

民芸とは、民衆的工芸品の略で、庶民の生活用品として無名の工人により手作りされた物である。民芸運動とは、日本の伝統工芸文化を受け継ぐ民芸品を骨董・古美術の類ではなく一般の家庭で実用し、日常生活をいかに楽しく豊かにするかという目標を持った運動である。西堀さんは、地球環境の破壊が進む現代において、民芸に代表される手仕事の価値が見直される時がくると信じ作陶を志した。そして、やきもの作りをしながら民芸運動を検証し、民芸の思想と流通(生産販売)の両輪がうまく回転するよう、現状の運動のあり方も見直す必要があると説いている。

あとがきに「よくぞここまで民芸一筋に生きてきたものだと、我ながら驚いている。今後も命尽きるまで民芸の工人として生きていく覚悟である」と記する西堀さん、規格化されたモノが大量に生産消費される世の中に対し、メッセージが重く響いてくる一冊である。

〈西堀寛厚 陶歴〉
民芸の故をもって、一切の工芸作家集団展に出品せず、日本工芸館主催「日本民芸公募展」のみ出品。
近畿経済産業局長賞、大阪府知事賞(2回)、他優秀賞など受賞

あさひ高速印刷に見積もりを依頼する

自費出版のご案内

大阪・東京・宝塚に事務所をもつあさひ高速印刷では、自叙伝・私小説などの個人出版や詩集・写真集・絵本といった作品集などの自費出版をきめ細かくサポート。経験と新しい発想をもった編集者がお客様のご要望にお応えします。

印刷会社ならではの合理的な納期・予算をご提供します。

  • 印刷原価での制作費のお見積
  • 印刷会社ならではの短納期
  • 専門知識を身につけた執筆者による代筆も可能
<こんな本をつくりたい>
自分史・体験記・遺稿集・追悼集・随筆・紀行文
句集・歌集・詩集・小説・絵本・画集・写真集・記念誌・社史など

自費出版無料相談会

自分史・記念誌・情報誌・会報・俳句集・写真集など、スタッフが原稿作成からしっかりとお手伝い致します。 予約制となっておりますので、まずはご連絡ください。

日時:毎月第一土曜日 AM10:00~PM4:00
場所:ウィズたからづか編集部    
TEL:0797-71-6821
宝塚市南口2丁目14-1-600
自費出版担当:田崎まき子
宝塚でタウン誌の制作に携わって20年。 編集のプロとして親切、丁寧にアドバイスさせていただきます。 本づくりの過程を楽しみながら、あなたの大切な1冊をつくっていきましょう。

本づくりの手順

本づくりの手順
値段
編集 当社の編集者が割り付け、校正などを行う費用
印刷・製本 組み版、製版から印刷・製本までの費用
(本の仕様以外に手書き・データなど原稿の形態によってもことなる)
装丁・デザイン 外箱やカバー、表紙のデザインなどをプロのデザイナーに発注する場合に必要。
色校正(カラーの場合) 普通1回ですが、回数によってプラスされます。
添削 リライトや大幅な添削が必要な場合
写真撮影 写真はご用意頂くのが原則ですが、作品集など撮影が必要な場合
取材・執筆 原稿のない場合や一部に対談やインタビューなどを入れる場合

自費出版のご依頼可能地域

自費出版では、仕様や色校正のご確認など、納得のいく作品作りのため、綿密な打ち合わせが必要になってきます。大阪市近郊以外の地域のお客様は基本的にお請けしておりません。あらかじめご了承ください。

宝塚・池田・芦屋・西宮・伊丹・尼崎・大阪市内・茨木・高槻・京都方面
問い合わせ
電話でのお問い合わせ:大阪本社 06-6448-7521 問い合わせ担当まで
メールでのお問い合わせ:問い合わせ専用窓口 thanks@ag-media.co.jp