自費出版

7.小説・エッセイ

トップページ>自費出版>7.小説・エッセイ> 「篠村に足利の旗が翻る」
 「篠村に足利の旗が翻る」

「篠村に足利の旗が翻る」

発行日 平成20年(2008)4月10日
著 者 角川英男
発行者 岡 達也
発行所 あさひ高速印刷株式会社出版部
印刷・製本 あさひ高速印刷株式会社
四六判 204ページ 並製本
定 価 1,050円(本体1,000円+税)

角川さんにとって「篠村に足利の旗が翻る」は3作目となる作品。4年前に京、洛中洛南の神社を探訪した随筆「徒然に歴史を巡る」を出版し、2年後には歴史小説に挑戦「辺境の民、隼人と蝦夷の血涙」を上梓、2年に1作品を生み出している。

 
3作目の「篠村に足利の旗が翻る」は室町幕府を開いた足利尊氏を主人公に据えた意欲作。天皇に楯突いたことから、明治以降は歴史の中で取上げられることが少なく案外知られていない尊氏像に光を当て、室町幕府開設前後を小説風に描いている。角川さんは偶然、訪れた篠村で足利尊氏が得宗北条家に反旗を翻す決意をかため、篠村八幡宮で必勝祈願の願文を読み上げたことを知り、興味を持ったのがこの小説を書くきっかけになったという。

後醍醐天皇の親政を助けたが、その後の裏切り、弟、直義との確執、尊氏の庶子直冬の出現など、時の権力抗争のなかで室町幕府が打ち立てられる様がテンポよく描かれ、歯切れのいい会話に引き込まれていく。角川さんは、取材旅行も欠かさず、後醍醐天皇が配流されていた隠岐から逃れ、行宮を構えた船上山にも登り、その切り立った地形を目の当たりにし、敵を迎え撃つに最適の地形だと実感したそうだ。そしてこの小説は後醍醐天皇が船底に身を隠し伯耆国の名和湊に小船を進めるシーンからドラマティックに展開して行く。

若い頃の歴史好きが定年後のライフワークにつながったという角川さん。作品を本という形にまとめることで執筆活動は趣味の域を超え、歴史好きを楽しませてくれる作品が生み出されていく。

あさひ高速印刷に見積もりを依頼する

自費出版のご案内

大阪・東京・宝塚に事務所をもつあさひ高速印刷では、自叙伝・私小説などの個人出版や詩集・写真集・絵本といった作品集などの自費出版をきめ細かくサポート。経験と新しい発想をもった編集者がお客様のご要望にお応えします。

印刷会社ならではの合理的な納期・予算をご提供します。

  • 印刷原価での制作費のお見積
  • 印刷会社ならではの短納期
  • 専門知識を身につけた執筆者による代筆も可能
<こんな本をつくりたい>
自分史・体験記・遺稿集・追悼集・随筆・紀行文
句集・歌集・詩集・小説・絵本・画集・写真集・記念誌・社史など

自費出版無料相談会

自分史・記念誌・情報誌・会報・俳句集・写真集など、スタッフが原稿作成からしっかりとお手伝い致します。 予約制となっておりますので、まずはご連絡ください。

日時:毎月第一土曜日 AM10:00~PM4:00
場所:ウィズたからづか編集部    
TEL:0797-71-6821
宝塚市南口2丁目14-1-600
自費出版担当:田崎まき子
宝塚でタウン誌の制作に携わって20年。 編集のプロとして親切、丁寧にアドバイスさせていただきます。 本づくりの過程を楽しみながら、あなたの大切な1冊をつくっていきましょう。

本づくりの手順

本づくりの手順
値段
編集 当社の編集者が割り付け、校正などを行う費用
印刷・製本 組み版、製版から印刷・製本までの費用
(本の仕様以外に手書き・データなど原稿の形態によってもことなる)
装丁・デザイン 外箱やカバー、表紙のデザインなどをプロのデザイナーに発注する場合に必要。
色校正(カラーの場合) 普通1回ですが、回数によってプラスされます。
添削 リライトや大幅な添削が必要な場合
写真撮影 写真はご用意頂くのが原則ですが、作品集など撮影が必要な場合
取材・執筆 原稿のない場合や一部に対談やインタビューなどを入れる場合

自費出版のご依頼可能地域

自費出版では、仕様や色校正のご確認など、納得のいく作品作りのため、綿密な打ち合わせが必要になってきます。大阪市近郊以外の地域のお客様は基本的にお請けしておりません。あらかじめご了承ください。

宝塚・池田・芦屋・西宮・伊丹・尼崎・大阪市内・茨木・高槻・京都方面
問い合わせ
電話でのお問い合わせ:大阪本社 06-6448-7521 問い合わせ担当まで
メールでのお問い合わせ:問い合わせ専用窓口 thanks@ag-media.co.jp