自費出版

4.郷土史・地域文化史

トップページ>自費出版>4.郷土史・地域文化史>「高司(蔵人)物語」第2集 藤澤正司
「高司(蔵人)物語」第2集  藤澤正司

「高司(蔵人)物語」第2集 藤澤正司

平成20年6月1日 発行
著 者 藤澤正司
印 刷 あさひ高速印刷株式会社
A5判 22ページ 並製本

宝塚に長年住み、高司コミュニティで地域に深くかかわってきた藤澤正司さんが、平成12年に「高司(蔵人)物語」を発行した。宝塚はその名にふさわしく、民話や伝説・伝承の豊かな土地。宝塚市内の神社・寺院の縁起や地名について、郷土史などで思いをはせることができるが、高司地区の事については、文書として遺されているものがほとんどなかった。そこで、市のまちづくり推進課から是非まとめてくださいと要請があり、高司コミュニティの藤澤さんが、神社関係について冊子にまとめ「高司(蔵人)物語」を作成することになった。

「昔の武庫川の川幅は現在よりもはるかに広く、宝塚市役所が建っている場所は、昔の武庫川の川のまんなかであった」「宝塚ゴルフ場のある土地も昔は蔵人で、小林をはさんで蔵人村は広い土地であった」などの話は興味深い。自分の足で実際にあちこちを訪ね歩いた藤澤さん、地域のため尽力する真摯な人柄に、協力する人もふえ資料もたまっていった。

第2集発行を決意した藤澤さんは、高司周辺の史跡について、武庫川について、財産管理会について、素盞鳴神社について、元公会堂について、高司会館について綴り、自分の頭の中にあることをきちんと本にまとめた。冊子「高司(蔵人)物語 第2集」を知人や関係者の手もとへ届けたところ、若い者だけではいずれわからなくなる事をまとめてくれたと、大層喜ばれたという。

「近年になっても、高司には多くの出来事がありました。平成7年1月の阪神・淡路大震災、平成7年のパチンコ店の出店、平成18年の阪神競馬場拡張等々。それらについては、第3集を出版し、そこで紹介したいと思っております」とあとがきで語る藤澤さん、本としてかたちに残すことで、生きた証となり、地域の財産ともなった。

あさひ高速印刷に見積もりを依頼する

自費出版のご案内

大阪・東京・宝塚に事務所をもつあさひ高速印刷では、自叙伝・私小説などの個人出版や詩集・写真集・絵本といった作品集などの自費出版をきめ細かくサポート。経験と新しい発想をもった編集者がお客様のご要望にお応えします。

印刷会社ならではの合理的な納期・予算をご提供します。

  • 印刷原価での制作費のお見積
  • 印刷会社ならではの短納期
  • 専門知識を身につけた執筆者による代筆も可能
<こんな本をつくりたい>
自分史・体験記・遺稿集・追悼集・随筆・紀行文
句集・歌集・詩集・小説・絵本・画集・写真集・記念誌・社史など

自費出版無料相談会

自分史・記念誌・情報誌・会報・俳句集・写真集など、スタッフが原稿作成からしっかりとお手伝い致します。 予約制となっておりますので、まずはご連絡ください。

日時:毎月第一土曜日 AM10:00~PM4:00
場所:ウィズたからづか編集部    
TEL:0797-71-6821
宝塚市南口2丁目14-1-600
自費出版担当:田崎まき子
宝塚でタウン誌の制作に携わって20年。 編集のプロとして親切、丁寧にアドバイスさせていただきます。 本づくりの過程を楽しみながら、あなたの大切な1冊をつくっていきましょう。

本づくりの手順

本づくりの手順
値段
編集 当社の編集者が割り付け、校正などを行う費用
印刷・製本 組み版、製版から印刷・製本までの費用
(本の仕様以外に手書き・データなど原稿の形態によってもことなる)
装丁・デザイン 外箱やカバー、表紙のデザインなどをプロのデザイナーに発注する場合に必要。
色校正(カラーの場合) 普通1回ですが、回数によってプラスされます。
添削 リライトや大幅な添削が必要な場合
写真撮影 写真はご用意頂くのが原則ですが、作品集など撮影が必要な場合
取材・執筆 原稿のない場合や一部に対談やインタビューなどを入れる場合

自費出版のご依頼可能地域

自費出版では、仕様や色校正のご確認など、納得のいく作品作りのため、綿密な打ち合わせが必要になってきます。大阪市近郊以外の地域のお客様は基本的にお請けしておりません。あらかじめご了承ください。

宝塚・池田・芦屋・西宮・伊丹・尼崎・大阪市内・茨木・高槻・京都方面
問い合わせ
電話でのお問い合わせ:大阪本社 06-6448-7521 問い合わせ担当まで
メールでのお問い合わせ:問い合わせ専用窓口 thanks@ag-media.co.jp