自費出版

6.自分史・自叙伝

トップページ>自費出版>6.自分史・自叙伝>凹凸なりき 我が人生 八二年 −夢・旅・酔−
凹凸なりき 我が人生 八二年 −夢・旅・酔−

凹凸なりき 我が人生 八二年 −夢・旅・酔−

平成20年8月11日
著 者 三島康雄
印刷・製本 あさひ高速印刷株式会社
並製本 四六版 192ページ

かねてより自伝を執筆しようと考えていたという三島さん。誕生の背景から学生時代の事、そして中京大学、東京水産大学、甲南大学で教鞭をとり、奈良県立商科大学の学長を勤め、その間の家族の事や趣味の旅行記などをつづり、一冊の本としてまとめあげた。

学者として多数著書を残している三島さんのこと、関心のある問題についてきっちり資料を残していて、約2年かけて書きすすめることは苦にならなかった。ただ読み手を少し意識して、論文調にならないよう書くのは案外難しかったという。

表紙には、サブタイトルのひとつとなっている旅行好きの三島さんが、旅先で集めた千個ほどあるというダルマコレクションのひとつをあしらった。この少し色っぽいダルマは、人間臭いことも隠さず書き綴った自叙伝とどこか通じるものがあるようだ。

出来上がった本を知人や親戚に送ったところ、自身の病気の事や大学内の事情など、何もかも率直に書かれた力作との感想が寄せられた。三島さんのまわりにも、自分の人生の積み重ねを振り返る、ちょっとした自叙伝ブームが起こっているらしい。

「昭和という時代の中で翻弄されながら、かろうじて生き抜いた一人の男のケースを提供することで、昭和史研究者の責任の一端を果たそう」と考え『凹凸なりき我が人生』を執筆した三島さん、「子供や孫たちが将来この自伝を読んで、何かを考えてくれたら大きな幸いである」とあとがきで語っている。

あさひ高速印刷に見積もりを依頼する

自費出版のご案内

大阪・東京・宝塚に事務所をもつあさひ高速印刷では、自叙伝・私小説などの個人出版や詩集・写真集・絵本といった作品集などの自費出版をきめ細かくサポート。経験と新しい発想をもった編集者がお客様のご要望にお応えします。

印刷会社ならではの合理的な納期・予算をご提供します。

  • 印刷原価での制作費のお見積
  • 印刷会社ならではの短納期
  • 専門知識を身につけた執筆者による代筆も可能
<こんな本をつくりたい>
自分史・体験記・遺稿集・追悼集・随筆・紀行文
句集・歌集・詩集・小説・絵本・画集・写真集・記念誌・社史など

自費出版無料相談会

自分史・記念誌・情報誌・会報・俳句集・写真集など、スタッフが原稿作成からしっかりとお手伝い致します。 予約制となっておりますので、まずはご連絡ください。

日時:毎月第一土曜日 AM10:00~PM4:00
場所:ウィズたからづか編集部    
TEL:0797-71-6821
宝塚市南口2丁目14-1-600
自費出版担当:田崎まき子
宝塚でタウン誌の制作に携わって20年。 編集のプロとして親切、丁寧にアドバイスさせていただきます。 本づくりの過程を楽しみながら、あなたの大切な1冊をつくっていきましょう。

本づくりの手順

本づくりの手順
値段
編集 当社の編集者が割り付け、校正などを行う費用
印刷・製本 組み版、製版から印刷・製本までの費用
(本の仕様以外に手書き・データなど原稿の形態によってもことなる)
装丁・デザイン 外箱やカバー、表紙のデザインなどをプロのデザイナーに発注する場合に必要。
色校正(カラーの場合) 普通1回ですが、回数によってプラスされます。
添削 リライトや大幅な添削が必要な場合
写真撮影 写真はご用意頂くのが原則ですが、作品集など撮影が必要な場合
取材・執筆 原稿のない場合や一部に対談やインタビューなどを入れる場合

自費出版のご依頼可能地域

自費出版では、仕様や色校正のご確認など、納得のいく作品作りのため、綿密な打ち合わせが必要になってきます。大阪市近郊以外の地域のお客様は基本的にお請けしておりません。あらかじめご了承ください。

宝塚・池田・芦屋・西宮・伊丹・尼崎・大阪市内・茨木・高槻・京都方面
問い合わせ
電話でのお問い合わせ:大阪本社 06-6448-7521 問い合わせ担当まで
メールでのお問い合わせ:問い合わせ専用窓口 thanks@ag-media.co.jp