自費出版

9.一般・教養

トップページ>自費出版>9.一般・教養>「マルコ伝福音書」-古臭い読み方のマルコ伝ノート- 渡邉 博
「マルコ伝福音書」-古臭い読み方のマルコ伝ノート- 渡邉 博

「マルコ伝福音書」-古臭い読み方のマルコ伝ノート- 渡邉 博

2010年9月発行
著者 渡邉 博
印刷・製本 あさひ高速印刷㈱
A5判 116頁 並製本

2005年に新約聖書「使徒行伝」の解説書を出版した宝塚市在住の渡邊博さんが、今度は「マルコ福音書」をラテン語(ウルガータ)と英文ジェームス王欽定訳を手引きに読み直し、独自のユニークな解説書を書き上げ、9月に発行した。

新約聖書の原典はギリシャ語。それがラテン語に訳され、各国の言葉に翻訳されていった。渡邊さんはクリスチャンの家に育ち、子どものころから聖書に親しみ、原典のギリシャ語に興味を持っていたという。語学に堪能な渡邊さんだが、ギリシャ語を習得するチャンスは逸したものの、定年後、六十の手習いでラテン語をマスター、ラテン語訳に挑戦。「使徒行伝」に続いて「マルコ福音書」を独自に検証、ラテン語訳と英語訳の違いなどを解説し冊子に仕上げた。

マルコ福音書は西暦65~70年頃にキリストの使徒、ペテロの通訳であったマルコによって書かれたもので、渡邊さんが「マルコ伝福音書」を著したのも「ルカ福音書、マタイ福音書、ヨハネ福音書の中で一番古いといわれているから」。

新約聖書に馴染みがなくても、キリストの生涯や言葉はもちろん、聖地やイエスの頃のエルサレムなどの図版も興味深く、中には経済学者マックス・ウェーバーの「古代ユダヤ教」を始め、日本の「源氏物語」や「平家物語」の引用、さらに中近東での経験が加味されていて、渡邊さんならではの面白さが加わっている。

「聖書の翻訳を比較したものは、恐らくほかにないでしょう」とにこやかに微笑む渡邊さん。本書は自費出版ならではの貴重な作品と言えるだろう。

原稿はワードで入力、ほぼ完全に近い形でデータを印刷会社に入稿し、時間と経費をできるだけかけずに制作。手書きした図版だけはトレースすることで、簡易印刷(CTPマスター)ながら美しく仕上がっている。

あさひ高速印刷に見積もりを依頼する

自費出版のご案内

大阪・東京・宝塚に事務所をもつあさひ高速印刷では、自叙伝・私小説などの個人出版や詩集・写真集・絵本といった作品集などの自費出版をきめ細かくサポート。経験と新しい発想をもった編集者がお客様のご要望にお応えします。

印刷会社ならではの合理的な納期・予算をご提供します。

  • 印刷原価での制作費のお見積
  • 印刷会社ならではの短納期
  • 専門知識を身につけた執筆者による代筆も可能
<こんな本をつくりたい>
自分史・体験記・遺稿集・追悼集・随筆・紀行文
句集・歌集・詩集・小説・絵本・画集・写真集・記念誌・社史など

自費出版無料相談会

自分史・記念誌・情報誌・会報・俳句集・写真集など、スタッフが原稿作成からしっかりとお手伝い致します。 予約制となっておりますので、まずはご連絡ください。

日時:毎月第一土曜日 AM10:00~PM4:00
場所:ウィズたからづか編集部    
TEL:0797-71-6821
宝塚市南口2丁目14-1-600
自費出版担当:田崎まき子
宝塚でタウン誌の制作に携わって20年。 編集のプロとして親切、丁寧にアドバイスさせていただきます。 本づくりの過程を楽しみながら、あなたの大切な1冊をつくっていきましょう。

本づくりの手順

本づくりの手順
値段
編集 当社の編集者が割り付け、校正などを行う費用
印刷・製本 組み版、製版から印刷・製本までの費用
(本の仕様以外に手書き・データなど原稿の形態によってもことなる)
装丁・デザイン 外箱やカバー、表紙のデザインなどをプロのデザイナーに発注する場合に必要。
色校正(カラーの場合) 普通1回ですが、回数によってプラスされます。
添削 リライトや大幅な添削が必要な場合
写真撮影 写真はご用意頂くのが原則ですが、作品集など撮影が必要な場合
取材・執筆 原稿のない場合や一部に対談やインタビューなどを入れる場合

自費出版のご依頼可能地域

自費出版では、仕様や色校正のご確認など、納得のいく作品作りのため、綿密な打ち合わせが必要になってきます。大阪市近郊以外の地域のお客様は基本的にお請けしておりません。あらかじめご了承ください。

宝塚・池田・芦屋・西宮・伊丹・尼崎・大阪市内・茨木・高槻・京都方面
問い合わせ
電話でのお問い合わせ:大阪本社 06-6448-7521 問い合わせ担当まで
メールでのお問い合わせ:問い合わせ専用窓口 thanks@ag-media.co.jp