自費出版

9.一般・教養

トップページ>自費出版>9.一般・教養>宝塚高原ゴルフクラブ会報誌 「宝塚高原」
宝塚高原ゴルフクラブ会報誌 「宝塚高原」

宝塚高原ゴルフクラブ会報誌 「宝塚高原」

発行 宝塚高原ゴルフクラブ
印刷 あさひ高速印刷(株)
B5判 表紙カラー刷・本文1色刷
36ページ~48ページ

宝塚の中心地からほど近い切畑字長尾山の丘陵地にある名門ゴルフ場、宝塚高原ゴルフクラブ。会員向けの会報誌を毎年、新年号と夏号の2回発行、7月1日に夏号を発行した。会報誌は会員と事務局、また会員同士の情報交換になくてはならないコミュニケーションツールであり、バックナンバーはゴルフクラブの歴史を語っている。

宝塚高原ゴルフクラブはJ・E・クレイン氏の設計により、昭和39年8月9日に開場した18ホール、6550ヤード、パー72のゴルフ場で、コース設計者のクレイン氏は大量の土を移動させることで丘陵地でありながら、理想のコースといわれる「アップダウンが少なく、グリーンから次のティ間の距離が短く、フェアウェイ幅60~80ヤードで、ブラインドホールのないコース」に近いコースを造り上げた。六甲全山を間近に大阪湾から紀州の山々を眺め、四季の自然を味わいながらプレーができるのもこのゴルフ場の魅力のひとつだろう。

若手選手の台頭により、プロスポーツとしての注目が集まるゴルフ競技、ここ宝塚でも若手への支援が始まっていて、7月からは宝塚市のジュニア育成支援として市内のゴルフ場全10カ所が最終組以降の時間帯を無料開放している。宝塚高原ゴルフクラブの矢野社長は「市内のゴルフ場を無料開放することで宝塚のジュニアのすそ野がひろがり、宮里藍さんや石川遼君に続く若い選手の育成につながれば」と期待を膨らませ、ゴルフの振興に力を注ぐ。

宝塚高原ゴルフクラブでは6つの委員会(グリーン、コンペティション、ハンディキャップなど)が構成され、会員の意見を反映した経営がなされているが、そのコミュニケーションツールの役目を果たしているのが、会報誌「宝塚高原」でもある。委員会からの報告やお知らせ、競技成績、トピックス、会員のエッセイ、新会員紹介などが盛り込まれ年2回発行。7月1日に発行された夏号で86号となり、ゴルフクラブの歴史を知る貴重な資料にもなっている。

会報誌はB5判36ページ~48ページで、谷村支配人がデジタルカメラで撮影した美しいゴルフコースのカラー写真が表紙を飾っている。

あさひ高速印刷に見積もりを依頼する

自費出版のご案内

大阪・東京・宝塚に事務所をもつあさひ高速印刷では、自叙伝・私小説などの個人出版や詩集・写真集・絵本といった作品集などの自費出版をきめ細かくサポート。経験と新しい発想をもった編集者がお客様のご要望にお応えします。

印刷会社ならではの合理的な納期・予算をご提供します。

  • 印刷原価での制作費のお見積
  • 印刷会社ならではの短納期
  • 専門知識を身につけた執筆者による代筆も可能
<こんな本をつくりたい>
自分史・体験記・遺稿集・追悼集・随筆・紀行文
句集・歌集・詩集・小説・絵本・画集・写真集・記念誌・社史など

自費出版無料相談会

自分史・記念誌・情報誌・会報・俳句集・写真集など、スタッフが原稿作成からしっかりとお手伝い致します。 予約制となっておりますので、まずはご連絡ください。

自費出版担当
田崎まき子
宝塚でタウン誌の制作に携わって20年。
編集のプロとして親切、丁寧にアドバイスさせていただきます。
本づくりの過程を楽しみながら、あなたの大切な1冊をつくっていきましょう。

本づくりの手順

本づくりの手順
値段
編集 当社の編集者が割り付け、校正などを行う費用
印刷・製本 組み版、製版から印刷・製本までの費用
(本の仕様以外に手書き・データなど原稿の形態によってもことなる)
装丁・デザイン 外箱やカバー、表紙のデザインなどをプロのデザイナーに発注する場合に必要。
色校正(カラーの場合) 普通1回ですが、回数によってプラスされます。
添削 リライトや大幅な添削が必要な場合
写真撮影 写真はご用意頂くのが原則ですが、作品集など撮影が必要な場合
取材・執筆 原稿のない場合や一部に対談やインタビューなどを入れる場合

自費出版のご依頼可能地域

自費出版では、仕様や色校正のご確認など、納得のいく作品作りのため、綿密な打ち合わせが必要になってきます。大阪市近郊以外の地域のお客様は基本的にお請けしておりません。あらかじめご了承ください。

宝塚・池田・芦屋・西宮・伊丹・尼崎・大阪市内・茨木・高槻・京都方面
問い合わせ
電話でのお問い合わせ:大阪本社 06-6448-7521 問い合わせ担当まで
メールでのお問い合わせ:問い合わせ専用窓口 thanks@ag-media.co.jp