自費出版

3.句集・歌集・詩集

句集 なんてん 南天句会

句集 なんてん 南天句会

発行日   2010年12月
著 者   南天句会
印刷・製本 あさひ高速印刷株式会社

京都伏見で南天句会を主宰する丹生をだまきさんと句友5名が句会20周年という節目を記念して初めての句集を発行。一人ひとりが自選40首と俳句に寄せる思いを記し、丹生さんの俳画も添えられ、心温まる句集となっている。

南天句会を主宰する丹生さんは、古典文学を教えていた講座で俳句も指導してほしいという声に押されて昭和63年冬から月1回、句会を開いてきた。門脇に南天がたわわに実をつけていたことから句会は「南天」と名づけられ、句集の序文には、「南天の赤を目あてに訪ね来よ」の句が添えられている。
 丹生さんが俳句に関心を持ったのは学生時代、国文科の教材にあった「芭蕉俳諧七部集」。初めて投句した俳句会の選者だった俳誌「京鹿子」の主宰者、鈴鹿野風呂氏の俳句に共感、指導を仰ぎ、以来65年余り俳句を人生の友としてきた。そして、自ら指導する「南天句会」が昨冬20周年を迎え、句友5名と共に合同句集を発行することになった。

 「南天句会」は古典に親しむ主婦が中心とあって、俳句を極めるというより、楽しむのが目的で、俳誌を出すこともなく、句集を作ることなど考えていなかったそうだが、句友の一人、山本さんが娘さんに勧められ、句会に提案したところ合同句集なら、と発行への意欲が高まった。山本みどりさんが制作を手伝い、選句の作業と原稿執筆に約3ヵ月、校正に2ヵ月をかけ、約半年で四六判、100頁の句集が出来上がることに。

 句友は、日々の暮らしを詠み、俳句手帳が6冊目になったという20年目の久山允子さん、これからは吟行にも参加したいという4年目の水谷直子さん、紙と鉛筆だけで句作出来るのも魅力という15年目の南千鶴子さん、退職後俳句を始め、視野がひろがったという17年目の安田冨士子さん、俳句があたかも日記のようという20年目の山本明美さん。

 それぞれの生活風景や四季が彩られた句は、温かで親しみやすい。

 白の表紙になんてん色の題字、見返しの赤が南天句会20周年を祝っているかのような句集にはそれぞれの人生が詰まっているようである。

あさひ高速印刷に見積もりを依頼する

自費出版のご案内

大阪・東京・宝塚に事務所をもつあさひ高速印刷では、自叙伝・私小説などの個人出版や詩集・写真集・絵本といった作品集などの自費出版をきめ細かくサポート。経験と新しい発想をもった編集者がお客様のご要望にお応えします。

印刷会社ならではの合理的な納期・予算をご提供します。

  • 印刷原価での制作費のお見積
  • 印刷会社ならではの短納期
  • 専門知識を身につけた執筆者による代筆も可能
<こんな本をつくりたい>
自分史・体験記・遺稿集・追悼集・随筆・紀行文
句集・歌集・詩集・小説・絵本・画集・写真集・記念誌・社史など

自費出版無料相談会

自分史・記念誌・情報誌・会報・俳句集・写真集など、スタッフが原稿作成からしっかりとお手伝い致します。 予約制となっておりますので、まずはご連絡ください。

日時:毎月第一土曜日 AM10:00~PM4:00
場所:ウィズたからづか編集部    
TEL:0797-71-6821
宝塚市南口2丁目14-1-600
自費出版担当:田崎まき子
宝塚でタウン誌の制作に携わって20年。 編集のプロとして親切、丁寧にアドバイスさせていただきます。 本づくりの過程を楽しみながら、あなたの大切な1冊をつくっていきましょう。

本づくりの手順

本づくりの手順
値段
編集 当社の編集者が割り付け、校正などを行う費用
印刷・製本 組み版、製版から印刷・製本までの費用
(本の仕様以外に手書き・データなど原稿の形態によってもことなる)
装丁・デザイン 外箱やカバー、表紙のデザインなどをプロのデザイナーに発注する場合に必要。
色校正(カラーの場合) 普通1回ですが、回数によってプラスされます。
添削 リライトや大幅な添削が必要な場合
写真撮影 写真はご用意頂くのが原則ですが、作品集など撮影が必要な場合
取材・執筆 原稿のない場合や一部に対談やインタビューなどを入れる場合

自費出版のご依頼可能地域

自費出版では、仕様や色校正のご確認など、納得のいく作品作りのため、綿密な打ち合わせが必要になってきます。大阪市近郊以外の地域のお客様は基本的にお請けしておりません。あらかじめご了承ください。

宝塚・池田・芦屋・西宮・伊丹・尼崎・大阪市内・茨木・高槻・京都方面
問い合わせ
電話でのお問い合わせ:大阪本社 06-6448-7521 問い合わせ担当まで
メールでのお問い合わせ:問い合わせ専用窓口 thanks@ag-media.co.jp