自費出版

9.一般・教養

トップページ>自費出版>9.一般・教養>上方落語四天王絵はがき
上方落語四天王絵はがき

上方落語四天王絵はがき

製作:上方伝統食品事業協同組合
印刷:あさひ高速印刷(株)
定価:1,000円
問合せ先:ウィズたからづか編集部

上方落語界の悲願だった落語の定席として2006年、60年ぶりに関西に復活した「天満天神繁昌亭」。そこには戦後の上方落語界を支え、今の隆盛を築いた四天王、桂米朝、笑福亭松鶴、桂春團治、桂文枝の似顔絵が飾られている。落語家の似顔絵を描き続けている宝塚在住のイラストレーター、成瀬國晴氏の手になるもので、7月には「画・成瀬國晴、寄席文字・橘右佐喜」により制作された「上方落語四天王絵はがき」が繁昌亭で販売されることになった。

 上方落語協会会長桂三枝師匠のもと、民間の協力を得て、天満宮の境内の一角に復興した落語の定席「天満天神繁昌亭」は、朝席、昼席、夜席があり、いつでも落語が楽しめる大阪の新名所になっている。そのロビーではお土産として様々なグッズが販売され、成瀬國晴氏が「笑」の文字をイラスト化した手拭いや湯呑に続き、7月からは四天王の特徴を捉えた似顔絵が描かれたポストカード「上方落語四天王絵はがき」がグッズに加わった。戦後、消えかけていた上方落語の復興に尽力し、今では200人もの落語家が活躍する上方落語界を築き上げた四天王に対する敬意のもとに上方落語会の更なる発展を祈り、この絵はがきが制作された。

 絵はがきは和の風合いを出すために用紙はモデラトーンを使用、オフセットで印刷され、上品な仕上がりになっている。「インキを吸い込みやすい紙だったので色を出すのに、何回か色校正を重ね、苦労しましたが、橘右佐喜さんの寄席文字の墨も綺麗に出ました」とイラストレーターの成瀬氏。寄席文字と成瀬氏のイラストがコラボした味わいのある絵はがきは天満天神繁昌亭にふさわしいグッズとして人気を呼んでいる。

 9月3日(土)、4日(日)、落語にゆかりのある生國魂神社で開催される「彦八まつり」(上方落語協会主催)の繁昌亭ブースでも販売される。

画:成瀬國晴
寄席文字:橘右佐喜

あさひ高速印刷に見積もりを依頼する

自費出版のご案内

大阪・東京・宝塚に事務所をもつあさひ高速印刷では、自叙伝・私小説などの個人出版や詩集・写真集・絵本といった作品集などの自費出版をきめ細かくサポート。経験と新しい発想をもった編集者がお客様のご要望にお応えします。

印刷会社ならではの合理的な納期・予算をご提供します。

  • 印刷原価での制作費のお見積
  • 印刷会社ならではの短納期
  • 専門知識を身につけた執筆者による代筆も可能
<こんな本をつくりたい>
自分史・体験記・遺稿集・追悼集・随筆・紀行文
句集・歌集・詩集・小説・絵本・画集・写真集・記念誌・社史など

自費出版無料相談会

自分史・記念誌・情報誌・会報・俳句集・写真集など、スタッフが原稿作成からしっかりとお手伝い致します。 予約制となっておりますので、まずはご連絡ください。

自費出版担当
田崎まき子
宝塚でタウン誌の制作に携わって20年。
編集のプロとして親切、丁寧にアドバイスさせていただきます。
本づくりの過程を楽しみながら、あなたの大切な1冊をつくっていきましょう。

本づくりの手順

本づくりの手順
値段
編集 当社の編集者が割り付け、校正などを行う費用
印刷・製本 組み版、製版から印刷・製本までの費用
(本の仕様以外に手書き・データなど原稿の形態によってもことなる)
装丁・デザイン 外箱やカバー、表紙のデザインなどをプロのデザイナーに発注する場合に必要。
色校正(カラーの場合) 普通1回ですが、回数によってプラスされます。
添削 リライトや大幅な添削が必要な場合
写真撮影 写真はご用意頂くのが原則ですが、作品集など撮影が必要な場合
取材・執筆 原稿のない場合や一部に対談やインタビューなどを入れる場合

自費出版のご依頼可能地域

自費出版では、仕様や色校正のご確認など、納得のいく作品作りのため、綿密な打ち合わせが必要になってきます。大阪市近郊以外の地域のお客様は基本的にお請けしておりません。あらかじめご了承ください。

宝塚・池田・芦屋・西宮・伊丹・尼崎・大阪市内・茨木・高槻・京都方面
問い合わせ
電話でのお問い合わせ:大阪本社 06-6448-7521 問い合わせ担当まで
メールでのお問い合わせ:問い合わせ専用窓口 thanks@ag-media.co.jp