自費出版

2.作品集・写真集

トップページ>自費出版>2.作品集・写真集>野の花とつむぐ 和の暮らし 著者 阪上 泰子
野の花とつむぐ  和の暮らし 著者 阪上 泰子

野の花とつむぐ 和の暮らし 著者 阪上 泰子

発行日   2011年10月18日
著 者   阪上泰子  撮 影 近藤茂實
印刷・製本 あさひ高速印刷
B5判   73ページ
定 価   3000円+税

 宝塚市口谷の自宅で、季節の野の花を自由に生ける教室「ルジュ・フルーリはな野」を17年間主宰している阪上泰子さんが、初めての作品集「野の花とつむぐ和の暮らし」を10月に発行した。美しく生けられた四季の草花を1年かけて撮影した作品集からは、自然に対する感謝の気持ちが伝わってくる。
  カワネコヤナギとアワジシマスイセンが優しい表情を見せる写真に、宝塚の書道家・和田秀蘭さんが題字を揮毫した「野の花とつむぐ和の暮らし」は、野の花を生ける花師・阪上泰子さんの作品集。
 草花の中で育ち、国内外の様々な生け花を学び、そして日本の野の花を自由に生けることに辿り着いた阪上さんは、17年前、型にとらわれない生け花教室「ルジュ・フルーリはな野」を開いた。周囲からの要望で、これまでの作品を写真集にしようとして、「過去ではなく、今の私が表現できる作品にすべきでは?」と考え、そんな時に出会った、デザイナー・西川美有紀さん、カメラマン・近藤茂實さんと意気投合。意見を出し合い、一つひとつ問題を解決しながら、阪上さんが生けた季節の草花を、1年間かけて近藤さんが撮影、全ページ、オールカラーの作品集が2011年10月に出来上がった。

 季節は「春のきざし」から始まり、まだ冷たい風や春の喜びが、ヤブツバキやスイセン、ツクシで表現されている。「夏のにおい」、「秋のけはい」と続き、最後の季節「冬のあしおと」の、お正月飾りから、古い瓦に生けられたハコベまで、全ての作品にストーリーが感じられる。豆炭あんかにキイチゴやエンドウが入った写真の横には、「納屋の奥から 昔を取り出し 今にもの申す なんてね」と、茶目っ気たっぷりのメッセージが添えられている。

 野の花だけでなく、巻末には、コンサートホールやギャラリー、教会などに生けられた、これまでの華やかな作品も見ることができる。

 発行の翌週には、宝塚文化創造館(宝塚音楽学校旧校舎)で、出版記念パーティーを開催。「多くの皆さんに助けていただき、作品集を出すことができました。野の花を綺麗に飾ることで、自然への恩返しをしたい」と、阪上さんは語った。

 風と草花の会話が聞こえる作品集、「野の花とつむぐ和の暮らし」は、紀伊國屋書店川西店、キャップ書店逆瀬川店でも購入することができる。

あさひ高速印刷に見積もりを依頼する

自費出版のご案内

大阪・東京・宝塚に事務所をもつあさひ高速印刷では、自叙伝・私小説などの個人出版や詩集・写真集・絵本といった作品集などの自費出版をきめ細かくサポート。経験と新しい発想をもった編集者がお客様のご要望にお応えします。

印刷会社ならではの合理的な納期・予算をご提供します。

  • 印刷原価での制作費のお見積
  • 印刷会社ならではの短納期
  • 専門知識を身につけた執筆者による代筆も可能
<こんな本をつくりたい>
自分史・体験記・遺稿集・追悼集・随筆・紀行文
句集・歌集・詩集・小説・絵本・画集・写真集・記念誌・社史など

自費出版無料相談会

自分史・記念誌・情報誌・会報・俳句集・写真集など、スタッフが原稿作成からしっかりとお手伝い致します。 予約制となっておりますので、まずはご連絡ください。

自費出版担当
田崎まき子
宝塚でタウン誌の制作に携わって20年。
編集のプロとして親切、丁寧にアドバイスさせていただきます。
本づくりの過程を楽しみながら、あなたの大切な1冊をつくっていきましょう。

本づくりの手順

本づくりの手順
値段
編集 当社の編集者が割り付け、校正などを行う費用
印刷・製本 組み版、製版から印刷・製本までの費用
(本の仕様以外に手書き・データなど原稿の形態によってもことなる)
装丁・デザイン 外箱やカバー、表紙のデザインなどをプロのデザイナーに発注する場合に必要。
色校正(カラーの場合) 普通1回ですが、回数によってプラスされます。
添削 リライトや大幅な添削が必要な場合
写真撮影 写真はご用意頂くのが原則ですが、作品集など撮影が必要な場合
取材・執筆 原稿のない場合や一部に対談やインタビューなどを入れる場合

自費出版のご依頼可能地域

自費出版では、仕様や色校正のご確認など、納得のいく作品作りのため、綿密な打ち合わせが必要になってきます。大阪市近郊以外の地域のお客様は基本的にお請けしておりません。あらかじめご了承ください。

宝塚・池田・芦屋・西宮・伊丹・尼崎・大阪市内・茨木・高槻・京都方面
問い合わせ
電話でのお問い合わせ:大阪本社 06-6448-7521 問い合わせ担当まで
メールでのお問い合わせ:問い合わせ専用窓口 thanks@ag-media.co.jp