自費出版

3.句集・歌集・詩集

トップページ>自費出版>3.句集・歌集・詩集>句集 「ひすい」 江見 翠
句集 「ひすい」 江見 翠

句集 「ひすい」 江見 翠

発行日   2011年9月 
著  者   江見翠
印刷・製本 あさひ高速印刷株式会社
並製本  102頁 四六判

 今年、5月から句作を始めたばかりの江見翠さんが、俳句33首、川柳117首を詠み、初めての句集を9月に発行した。病を乗り越えた江見さんは、これまでの人生でお世話になった人々への感謝の気持ちを句集に託した。
 和紙風の白い表紙にタイトル文字の「ひすい」が緑色であしらわれた句集。「ひすい(翡翠)」は江見さんの名前、翠から名づけられ、見返しにも緑が使われている。表紙をめくると、定年まで小学校の教師を勤めた江見さんが卒業する子ども達に送った色紙、好きだったキルトや編物の展示会の写真、最近飼いだした愛犬の写真が巻頭をカラーで飾り、句集は第1章「病をのりこえて」から始まる。早くに夫を亡くしたこと、定年後の何不自由ない生活から一転して、心を病み長く闘病したこと、周りの理解を得て自分を取り戻したときにはまた、別の病気、リンパ腫に侵されていたことなど人生にとって負ともいえる壮絶な事実が淡々とつづられている。「書くことにためらいもあったが、病を克服したことを知ってもらうことで、同じ病気の人や苦しみを抱えている人に勇気を与えることができれば」と江見さんは句集に自分の体験を書くことにしたという。

 抗がん剤投与を受ける病床にあって、病院のロビーに展示してあった川柳を目にし、自分も川柳を詠んでみようと、ノートに書きとめたものが、いつしか100首近くになり、退院したら「つたない句だけれど、思い切って冊子にまとめて、お世話になった人たちに差し上げよう」と決意、早速、印刷会社に自費出版の相談をし、退院後も句作に励み、俳句と川柳のノート2冊が100ページの立派な句集となって完成した。
 1ページに2首と読みやすく、句からは江見さんの日常が見えてくるようで、親しみやすく、闘病の句からは勇気がもらえる。

 きれいだね子犬とともに花火みる
 クルマユリ気高い姿凛と咲く
 なでしこが瓶に活けられ勝祝う
 病いえのちの人生人のため
 冗談を言わぬ主治医を笑わせる
 
 これからの人生はフロク「忘己利他」の精神でという江見さん。第2集を目指してさらに句作にも励む。

あさひ高速印刷に見積もりを依頼する

自費出版のご案内

大阪・東京・宝塚に事務所をもつあさひ高速印刷では、自叙伝・私小説などの個人出版や詩集・写真集・絵本といった作品集などの自費出版をきめ細かくサポート。経験と新しい発想をもった編集者がお客様のご要望にお応えします。

印刷会社ならではの合理的な納期・予算をご提供します。

  • 印刷原価での制作費のお見積
  • 印刷会社ならではの短納期
  • 専門知識を身につけた執筆者による代筆も可能
<こんな本をつくりたい>
自分史・体験記・遺稿集・追悼集・随筆・紀行文
句集・歌集・詩集・小説・絵本・画集・写真集・記念誌・社史など

自費出版無料相談会

自分史・記念誌・情報誌・会報・俳句集・写真集など、スタッフが原稿作成からしっかりとお手伝い致します。 予約制となっておりますので、まずはご連絡ください。

自費出版担当
田崎まき子
宝塚でタウン誌の制作に携わって20年。
編集のプロとして親切、丁寧にアドバイスさせていただきます。
本づくりの過程を楽しみながら、あなたの大切な1冊をつくっていきましょう。

本づくりの手順

本づくりの手順
値段
編集 当社の編集者が割り付け、校正などを行う費用
印刷・製本 組み版、製版から印刷・製本までの費用
(本の仕様以外に手書き・データなど原稿の形態によってもことなる)
装丁・デザイン 外箱やカバー、表紙のデザインなどをプロのデザイナーに発注する場合に必要。
色校正(カラーの場合) 普通1回ですが、回数によってプラスされます。
添削 リライトや大幅な添削が必要な場合
写真撮影 写真はご用意頂くのが原則ですが、作品集など撮影が必要な場合
取材・執筆 原稿のない場合や一部に対談やインタビューなどを入れる場合

自費出版のご依頼可能地域

自費出版では、仕様や色校正のご確認など、納得のいく作品作りのため、綿密な打ち合わせが必要になってきます。大阪市近郊以外の地域のお客様は基本的にお請けしておりません。あらかじめご了承ください。

宝塚・池田・芦屋・西宮・伊丹・尼崎・大阪市内・茨木・高槻・京都方面
問い合わせ
電話でのお問い合わせ:大阪本社 06-6448-7521 問い合わせ担当まで
メールでのお問い合わせ:問い合わせ専用窓口 thanks@ag-media.co.jp