自費出版

2.作品集・写真集

トップページ>自費出版>2.作品集・写真集>Botanical Art in my memory 尾形幸子 植物画集
Botanical Art in my memory 尾形幸子 植物画集

Botanical Art in my memory 尾形幸子 植物画集

発 行 日 2011年4月25日
著   者 尾形幸子
発   行 あさひ高速印刷(株)
印刷・製本 あさひ高速印刷(株)
デザイン (株)ASACK
A4判 96ページ 並製本

植物学が日本に入ってきたのは江戸時代と言われ、薬草などの記録画から進化し、現在では植物画「ボタニカルアート」として日本にも定着し、アートの一分野としてカルチャー教室でも人気講座のひとつになっている。著者の尾形幸子さんもNHK文化センターを始め、コープこうべ生活文化センター、宝塚ではコープカルチャー(売布)などに講座を持ち、受講生からは作品集が待ち望まれていた。1997年、尾形さんは植物画家の細井進氏に師事し、翌年、氏からカルチャー教室の副講師として請われ、植物画家の道を歩むことに。2003年に75歳で引退された細井氏の後継者でもある。

 氏は画集の発行に寄せて「彼女は優れた植物画家であると同時に優れたインストラクターである」と記し「気持ちが落ち込んだとき、この画集を見れば光が見えてくるだろうし、気持ちが高ぶったときは、安らぎと落ち着きが得られるに違いない」と尾形さんの絵が持つ気品と優しさに触れている。

 尾形さんと植物との出会いは本書の最後に記されている「こどものころ」に、そして植物画との出会いは「あとがき」に詳しいが、自然豊かな福井県鯖江市で幼少期を過ごし、草花や虫、自然が遊び相手だったこと、厳格だった父親自らが越前和紙を調達し、一日100枚の習字をこなしたというエピソードにも、植物画をライフワークに選んだ尾形さんの半生が垣間見え、作品に添えられた草花や木々への思いには深い愛情が滲み出ている。

 「私はいつもピンセットとルーペを携帯していて、場合によっては植物の解剖をします。教室は時として理科の授業になるのですよ。植物を精密に描くにはその仕組みを知っておくことも必要ですから。そんな時の生徒さんの眼は輝いています」という尾形さん。植物の美しさと神秘が込められた作品集であるとともに、尾形さんの人生が透けて見える記念誌のようでもある。

 本書はキャップ書店逆瀬川店(アピア1・1階)、紀伊国屋書店川西店(モザイクボックス4階)にて好評発売中。

あさひ高速印刷に見積もりを依頼する

自費出版のご案内

大阪・東京・宝塚に事務所をもつあさひ高速印刷では、自叙伝・私小説などの個人出版や詩集・写真集・絵本といった作品集などの自費出版をきめ細かくサポート。経験と新しい発想をもった編集者がお客様のご要望にお応えします。

印刷会社ならではの合理的な納期・予算をご提供します。

  • 印刷原価での制作費のお見積
  • 印刷会社ならではの短納期
  • 専門知識を身につけた執筆者による代筆も可能
<こんな本をつくりたい>
自分史・体験記・遺稿集・追悼集・随筆・紀行文
句集・歌集・詩集・小説・絵本・画集・写真集・記念誌・社史など

自費出版無料相談会

自分史・記念誌・情報誌・会報・俳句集・写真集など、スタッフが原稿作成からしっかりとお手伝い致します。 予約制となっておりますので、まずはご連絡ください。

日時:毎月第一土曜日 AM10:00~PM4:00
場所:ウィズたからづか編集部    
TEL:0797-71-6821
宝塚市南口2丁目14-1-600
自費出版担当:田崎まき子
宝塚でタウン誌の制作に携わって20年。 編集のプロとして親切、丁寧にアドバイスさせていただきます。 本づくりの過程を楽しみながら、あなたの大切な1冊をつくっていきましょう。

本づくりの手順

本づくりの手順
値段
編集 当社の編集者が割り付け、校正などを行う費用
印刷・製本 組み版、製版から印刷・製本までの費用
(本の仕様以外に手書き・データなど原稿の形態によってもことなる)
装丁・デザイン 外箱やカバー、表紙のデザインなどをプロのデザイナーに発注する場合に必要。
色校正(カラーの場合) 普通1回ですが、回数によってプラスされます。
添削 リライトや大幅な添削が必要な場合
写真撮影 写真はご用意頂くのが原則ですが、作品集など撮影が必要な場合
取材・執筆 原稿のない場合や一部に対談やインタビューなどを入れる場合

自費出版のご依頼可能地域

自費出版では、仕様や色校正のご確認など、納得のいく作品作りのため、綿密な打ち合わせが必要になってきます。大阪市近郊以外の地域のお客様は基本的にお請けしておりません。あらかじめご了承ください。

宝塚・池田・芦屋・西宮・伊丹・尼崎・大阪市内・茨木・高槻・京都方面
問い合わせ
電話でのお問い合わせ:大阪本社 06-6448-7521 問い合わせ担当まで
メールでのお問い合わせ:問い合わせ専用窓口 thanks@ag-media.co.jp