自費出版

9.一般・教養

トップページ>自費出版>9.一般・教養>Mental care Book メンタルケア手帳
Mental care Book メンタルケア手帳

Mental care Book メンタルケア手帳

監 修  稲田泰之
発行者  岡 達也
発行元  あさひ高速印刷株式会社
発 売  I‐QUON株式会社
     TEL:06-6920-0017
A5判 80ページ 定価1,000円(税別)

 「『こころの病気』では、と悩んでいるかたへ。病院に行くのをためらっているかたへ。この本はそんなかたへの手助けになります。ご自分をチェックし、先生につたえることが、あなたの未来へのパスポートになります」裏表紙のメッセージがメンタルケア手帳の主な利用方法だが、先生の側から患者さんに手渡して治療に活用することもできる。

 こころの病の早期改善のためには、まずは症状を自覚することが大切である。精神科や心療内科などの医療機関を受診する前に、メンタルケア手帳の問診票に従い自分で記入、そして、こころの健康チェックシートを見てチェックを入れると、どんな症状があるのかを、自ら整理することができる。あてはまった項目から、うつ病、パニック障害、OCD(強迫性障害)、SAD(社交不安障害)などの症状を解説。また不安になったときの対処法として、呼吸法やリラクゼーションの方法も書かれているので心強い。

 また、眠れた時間やその日の気分や食欲の有無など、毎日記入できる生活リズム日誌を活用できるようになっている。時々設けてある空欄のページには、薬局からもらった薬の内容や、次回の受診時に主治医に聞きたいことや伝えたいことを書きとめることもでき、治療をすすめる上での手助けとなってくれる。

 「うつ病も不安障害も、決して珍しい病気ではありません。ストレスの多い現代社会では、どなたでもなる可能性のある病気です。そして適切な治療を受ければ治せる病気です。思い当たる症状があるようなら、決して一人で抱え込まず、専門の医師に、気軽に相談してみましょう」と稲田先生は呼びかけている。

あさひ高速印刷に見積もりを依頼する

自費出版のご案内

大阪・東京・宝塚に事務所をもつあさひ高速印刷では、自叙伝・私小説などの個人出版や詩集・写真集・絵本といった作品集などの自費出版をきめ細かくサポート。経験と新しい発想をもった編集者がお客様のご要望にお応えします。

印刷会社ならではの合理的な納期・予算をご提供します。

  • 印刷原価での制作費のお見積
  • 印刷会社ならではの短納期
  • 専門知識を身につけた執筆者による代筆も可能
<こんな本をつくりたい>
自分史・体験記・遺稿集・追悼集・随筆・紀行文
句集・歌集・詩集・小説・絵本・画集・写真集・記念誌・社史など

自費出版無料相談会

自分史・記念誌・情報誌・会報・俳句集・写真集など、スタッフが原稿作成からしっかりとお手伝い致します。 予約制となっておりますので、まずはご連絡ください。

自費出版担当
田崎まき子
宝塚でタウン誌の制作に携わって20年。
編集のプロとして親切、丁寧にアドバイスさせていただきます。
本づくりの過程を楽しみながら、あなたの大切な1冊をつくっていきましょう。

本づくりの手順

本づくりの手順
値段
編集 当社の編集者が割り付け、校正などを行う費用
印刷・製本 組み版、製版から印刷・製本までの費用
(本の仕様以外に手書き・データなど原稿の形態によってもことなる)
装丁・デザイン 外箱やカバー、表紙のデザインなどをプロのデザイナーに発注する場合に必要。
色校正(カラーの場合) 普通1回ですが、回数によってプラスされます。
添削 リライトや大幅な添削が必要な場合
写真撮影 写真はご用意頂くのが原則ですが、作品集など撮影が必要な場合
取材・執筆 原稿のない場合や一部に対談やインタビューなどを入れる場合

自費出版のご依頼可能地域

自費出版では、仕様や色校正のご確認など、納得のいく作品作りのため、綿密な打ち合わせが必要になってきます。大阪市近郊以外の地域のお客様は基本的にお請けしておりません。あらかじめご了承ください。

宝塚・池田・芦屋・西宮・伊丹・尼崎・大阪市内・茨木・高槻・京都方面
問い合わせ
電話でのお問い合わせ:大阪本社 06-6448-7521 問い合わせ担当まで
メールでのお問い合わせ:問い合わせ専用窓口 thanks@ag-media.co.jp