自費出版

9.一般・教養

トップページ>自費出版>9.一般・教養>パウロその旅と手紙 著者 渡邊 博
パウロその旅と手紙 著者 渡邊 博

パウロその旅と手紙 著者 渡邊 博

パウロ その旅と手紙
発   行 2012年4月
著   書 渡邊 博
印刷・製本 あさひ高速印刷㈱
A5判 100頁 並製本

 新約聖書「使徒行伝(言行録)」「マルコ伝福音書」の邦訳をラテン語訳と英文ジェームス王欽定訳により比較し独自の見方をまとめ自費出版した宝塚在住の渡邊博さんが3冊目となる「パウロ その旅と手紙」を4月に発行した。
 「使徒行伝」の後半に登場するキリスト教設立の大立者、そして弟子や信徒たちへ宛てた手紙が数多く新約聖書に載せられているパウロ。そのパウロの旅と手紙とを前著と同じような手法で読み解いたもの。著者自身クリスチャンの家庭に育ったもののあまり熱心な信者ではなかったそうだが、語学に堪能で海外勤務などを経て、60歳にしてラテン語を学んだという経歴の持ち主。ラテン語を習得した渡邊さんは新約聖書の邦訳、ラテン語訳、英語訳の違いに興味をもって、まず「使徒行伝」に取り組み、2005年に「使徒行伝(言行録)」を、2010年には福音書では一番古いといわれる「マルコ伝福音書」を完成させた。「3冊目まで出版できるとは思っていなかった」というが、パソコンを駆使して「パウロ」に挑戦。パウロの3回に及ぶ宣教旅行とガラテア書、コリント書、ロマ書を場に応じ思い浮かんだ東西の物語りの断章も交えながら、独自の切り口で読み解いた。パウロは現トルコの東南部に生まれたユダヤ教徒で、復活のキリストを信仰する者たちを迫害するが、イエスのお告げにより回心、その様子を描いた宗教画「パウロの回心」など絵画にも数多く登場する。本書では回心後のパウロがアナトリア半島からギリシャを巡った宣教の旅、その間パウロが受けた迫害、それに関わるパウロの手紙、その背後事情、ルッター(ルーテル)などの関連する業績の一端、西暦一世紀に描かれたという世界地図、そしてパウロの旅を辿れる地図なども収録され、興味深い。聖書は原典からラテン語、英語など様々な言葉に翻訳され、時代の変遷も影響しており、「訳文に留まらず元の意味を考えながら読まれるように」と渡邊さんが自身で検証した貴重な一冊である。

あさひ高速印刷に見積もりを依頼する

自費出版のご案内

大阪・東京・宝塚に事務所をもつあさひ高速印刷では、自叙伝・私小説などの個人出版や詩集・写真集・絵本といった作品集などの自費出版をきめ細かくサポート。経験と新しい発想をもった編集者がお客様のご要望にお応えします。

印刷会社ならではの合理的な納期・予算をご提供します。

  • 印刷原価での制作費のお見積
  • 印刷会社ならではの短納期
  • 専門知識を身につけた執筆者による代筆も可能
<こんな本をつくりたい>
自分史・体験記・遺稿集・追悼集・随筆・紀行文
句集・歌集・詩集・小説・絵本・画集・写真集・記念誌・社史など

自費出版無料相談会

自分史・記念誌・情報誌・会報・俳句集・写真集など、スタッフが原稿作成からしっかりとお手伝い致します。 予約制となっておりますので、まずはご連絡ください。

自費出版担当
田崎まき子
宝塚でタウン誌の制作に携わって20年。
編集のプロとして親切、丁寧にアドバイスさせていただきます。
本づくりの過程を楽しみながら、あなたの大切な1冊をつくっていきましょう。

本づくりの手順

本づくりの手順
値段
編集 当社の編集者が割り付け、校正などを行う費用
印刷・製本 組み版、製版から印刷・製本までの費用
(本の仕様以外に手書き・データなど原稿の形態によってもことなる)
装丁・デザイン 外箱やカバー、表紙のデザインなどをプロのデザイナーに発注する場合に必要。
色校正(カラーの場合) 普通1回ですが、回数によってプラスされます。
添削 リライトや大幅な添削が必要な場合
写真撮影 写真はご用意頂くのが原則ですが、作品集など撮影が必要な場合
取材・執筆 原稿のない場合や一部に対談やインタビューなどを入れる場合

自費出版のご依頼可能地域

自費出版では、仕様や色校正のご確認など、納得のいく作品作りのため、綿密な打ち合わせが必要になってきます。大阪市近郊以外の地域のお客様は基本的にお請けしておりません。あらかじめご了承ください。

宝塚・池田・芦屋・西宮・伊丹・尼崎・大阪市内・茨木・高槻・京都方面
問い合わせ
電話でのお問い合わせ:大阪本社 06-6448-7521 問い合わせ担当まで
メールでのお問い合わせ:問い合わせ専用窓口 thanks@ag-media.co.jp