自費出版

7.小説・エッセイ

トップページ>自費出版>7.小説・エッセイ>同人誌 ばおばぶ VOL.27  宝塚文藝の会
同人誌 ばおばぶ VOL.27  宝塚文藝の会

同人誌 ばおばぶ VOL.27  宝塚文藝の会

2012年4月14日発行
発 行  宝塚文藝の会
編 集  長内学 木莉恵子 吉田逸郎
発行所  あさひ高速印刷株式会社
A5版 210ページ

 ウィズたからづか掲載のショートエッセイでもおなじみ、宝塚を拠点に文学活動を続ける宝塚文藝の会。約15名の会員が月1回の読書会を開き、自作の民話、小説、詩、エッセイなどを創作、息の長い活動を続けこの度25周年パーティーを開催、27冊目となる同人誌「ばおばぶ」を発行した。
 「宝塚の地に文学の種をまいて育てていこう」と理念をかかげた有志により1986年に結成された宝塚文藝の会の活動が今年26年目に入った。月1回の読書会ではこれまでに300冊近い本を読み、たくさんの作品を創作、民話やエッセイ集など30冊以上の本を出版し、創作民話を元にしたオペラや朗読会も上演され、地元に息づいた文学活動を続けてきた。そして4月、25周年を記念してお祝いの会を開き、併せて同人誌「ばおばぶVOL.27」を発刊。「ばおばぶ」は、アフリカなどサバンナ地帯に多く分布する植物で、悪魔が大木を引き抜いて逆さまに突っ込んだとされる変わった形の樹木。第1回の読書会、サン・テグジュペリの「星の王子様」に登場することから、たくましく根をはっていこうと文芸誌のタイトル名にした。

 「ばおばぶVOL.27」には春夏秋冬をテーマにしたエッセイや詩、童話、小説など盛りだくさん綴られていて、東日本大震災後の東北へボランティアに行った紀行文などは読者に今後進むべき方向を問題提起している。表紙絵やカットはメンバーである仲清人さんの手によるもの。メンバーから原稿を集めレイアウトや編集作業も全て自分たちで行い、費用を抑えて地道に発行を続けている。

 「創作活動を続けることは自身の励みになり、時には停滞しながらもエネルギーを蓄え、また新しい仲間や自分に出会い、世界を広げて人生を楽しむことができます。これからも30年、50年と続けて行きたい」と代表の宮岡憲次郎さんは語っている。

あさひ高速印刷に見積もりを依頼する

自費出版のご案内

大阪・東京・宝塚に事務所をもつあさひ高速印刷では、自叙伝・私小説などの個人出版や詩集・写真集・絵本といった作品集などの自費出版をきめ細かくサポート。経験と新しい発想をもった編集者がお客様のご要望にお応えします。

印刷会社ならではの合理的な納期・予算をご提供します。

  • 印刷原価での制作費のお見積
  • 印刷会社ならではの短納期
  • 専門知識を身につけた執筆者による代筆も可能
<こんな本をつくりたい>
自分史・体験記・遺稿集・追悼集・随筆・紀行文
句集・歌集・詩集・小説・絵本・画集・写真集・記念誌・社史など

自費出版無料相談会

自分史・記念誌・情報誌・会報・俳句集・写真集など、スタッフが原稿作成からしっかりとお手伝い致します。 予約制となっておりますので、まずはご連絡ください。

自費出版担当
田崎まき子
宝塚でタウン誌の制作に携わって20年。
編集のプロとして親切、丁寧にアドバイスさせていただきます。
本づくりの過程を楽しみながら、あなたの大切な1冊をつくっていきましょう。

本づくりの手順

本づくりの手順
値段
編集 当社の編集者が割り付け、校正などを行う費用
印刷・製本 組み版、製版から印刷・製本までの費用
(本の仕様以外に手書き・データなど原稿の形態によってもことなる)
装丁・デザイン 外箱やカバー、表紙のデザインなどをプロのデザイナーに発注する場合に必要。
色校正(カラーの場合) 普通1回ですが、回数によってプラスされます。
添削 リライトや大幅な添削が必要な場合
写真撮影 写真はご用意頂くのが原則ですが、作品集など撮影が必要な場合
取材・執筆 原稿のない場合や一部に対談やインタビューなどを入れる場合

自費出版のご依頼可能地域

自費出版では、仕様や色校正のご確認など、納得のいく作品作りのため、綿密な打ち合わせが必要になってきます。大阪市近郊以外の地域のお客様は基本的にお請けしておりません。あらかじめご了承ください。

宝塚・池田・芦屋・西宮・伊丹・尼崎・大阪市内・茨木・高槻・京都方面
問い合わせ
電話でのお問い合わせ:大阪本社 06-6448-7521 問い合わせ担当まで
メールでのお問い合わせ:問い合わせ専用窓口 thanks@ag-media.co.jp