自費出版

6.自分史・自叙伝

トップページ>自費出版>6.自分史・自叙伝>傘寿を迎え、時代と共に生きてきた道程を記す
自分史 「一炊の夢」 山内 勉
傘寿を迎え、時代と共に生きてきた道程を記す<br />自分史 「一炊の夢」 山内 勉

傘寿を迎え、時代と共に生きてきた道程を記す
自分史 「一炊の夢」 山内 勉

発行:2012年12月
著者:山内 勉
印刷・製本:あさひ高速印刷㈱
A5 384ページ(巻頭カラー10ページ) 並製本

 表紙は題字のバックに紀州富士といわれる龍門山のカラー写真があしらわれ、シンプルだが印象的。龍門山は著者が戦時中に疎開し、その後も就職するまで暮らした母親の実家がある和歌山県の名山で、紀ノ川市打田の思い出に重なる風景を、と山内さんはこの写真を表紙に選んだ。その表紙を開くと、10ページの巻頭カラーグラビア。戦前使われていた紙幣や硬貨、少年倶楽部の表紙、戦争中に使った弁当箱や硝子製の水筒など貴重な写真が収められている。本文は9章からなり、第1章故郷から大東亜戦争、疎開、就職…と時系列で詳しく自分史を辿っている。65歳で企業を退職した後、老化防止にとパソコンで自分史を書き始めたが、途中何度か中断し、諦めそうになったが、夢の中に過去のシーンが現れ記憶が呼び起こされたという。そして、書き綴った原稿は400枚を越えた。何回も推敲し、文章を整理、最終的に家系図や経歴を加え、384ページに及ぶ自分史を完成させた。

 「パソコンですから、書き直すことが容易にでき、これだけの文章を書くことが出来ました。手書きではここまでのものは出来なかったかもしれません」と独学でパソコンを学んだ山内さんは話す。インターネットで自費出版を検索、業者を選定し、本の体裁や紙質など仕様を相談し、見積もりを依頼。費用を抑えるためカバー以外はオンデマンド印刷にすることに。「素人が手づくりした自分史ですが、書籍紙に印刷され、カラーのカバーが巻かれると立派な一冊の本になり、嬉しいですね。私が生きた時代の証人として歴史を記すことで若い人に伝えていければ」それは、山内さんが自分史を記した理由のひとつでもある。

 昭和10年代、幼少期の生活や風俗、戦時中の疎開先で見た和歌山大空襲の記憶、大阪大空襲後に屍を見ながら、父親と家を探した記憶とその詳細な記録、戦後の混乱期に15歳6ヵ月で大手電機メーカーに養成工として就職、持ち前の頑張りで管理職となり、系列の新会社の常務取締役で退職した半世紀に及ぶ日本の製造業の発展を支えてきた歴史、それらが丁寧に書き記され、山内さん一個人の人生を通して、日本の昭和史が見えてくる人間味溢れる立派な「自分史」となっている。

あさひ高速印刷に見積もりを依頼する

自費出版のご案内

大阪・東京・宝塚に事務所をもつあさひ高速印刷では、自叙伝・私小説などの個人出版や詩集・写真集・絵本といった作品集などの自費出版をきめ細かくサポート。経験と新しい発想をもった編集者がお客様のご要望にお応えします。

印刷会社ならではの合理的な納期・予算をご提供します。

  • 印刷原価での制作費のお見積
  • 印刷会社ならではの短納期
  • 専門知識を身につけた執筆者による代筆も可能
<こんな本をつくりたい>
自分史・体験記・遺稿集・追悼集・随筆・紀行文
句集・歌集・詩集・小説・絵本・画集・写真集・記念誌・社史など

自費出版無料相談会

自分史・記念誌・情報誌・会報・俳句集・写真集など、スタッフが原稿作成からしっかりとお手伝い致します。 予約制となっておりますので、まずはご連絡ください。

自費出版担当
田崎まき子
宝塚でタウン誌の制作に携わって20年。
編集のプロとして親切、丁寧にアドバイスさせていただきます。
本づくりの過程を楽しみながら、あなたの大切な1冊をつくっていきましょう。

本づくりの手順

本づくりの手順
値段
編集 当社の編集者が割り付け、校正などを行う費用
印刷・製本 組み版、製版から印刷・製本までの費用
(本の仕様以外に手書き・データなど原稿の形態によってもことなる)
装丁・デザイン 外箱やカバー、表紙のデザインなどをプロのデザイナーに発注する場合に必要。
色校正(カラーの場合) 普通1回ですが、回数によってプラスされます。
添削 リライトや大幅な添削が必要な場合
写真撮影 写真はご用意頂くのが原則ですが、作品集など撮影が必要な場合
取材・執筆 原稿のない場合や一部に対談やインタビューなどを入れる場合

自費出版のご依頼可能地域

自費出版では、仕様や色校正のご確認など、納得のいく作品作りのため、綿密な打ち合わせが必要になってきます。大阪市近郊以外の地域のお客様は基本的にお請けしておりません。あらかじめご了承ください。

宝塚・池田・芦屋・西宮・伊丹・尼崎・大阪市内・茨木・高槻・京都方面
問い合わせ
電話でのお問い合わせ:大阪本社 06-6448-7521 問い合わせ担当まで
メールでのお問い合わせ:問い合わせ専用窓口 thanks@ag-media.co.jp