自費出版

2.作品集・写真集

トップページ>自費出版>2.作品集・写真集>写真集 「風の吹くまま」
-まだ見ぬ風景を探して- 片岡 守
写真集 「風の吹くまま」<br />-まだ見ぬ風景を探して- 片岡 守

写真集 「風の吹くまま」
-まだ見ぬ風景を探して- 片岡 守

発行日  2013年7月
撮 影  片岡 守
イラスト 片岡朋子
編 集  神吉正和/神吉史子
デザイン 関根デザイン
印 刷  あさひ高速印刷
製 本  ㈲大光製本所
上製本・化粧箱入り・235mm×295mm・68ページ

病を抱えながらも日本各地を旅し、カメラに収めた鉄道の写真を2012年5月に写真集「風の吹くまま」にまとめ出版した片岡守さんが、車窓から撮った風景を中心に二作目の写真集を完成させた。

まだ見ぬ風景を探して、と副題が付けられた二作目の写真集「風の吹くまま」。鉄道好きの片岡さんが体調と相談しつつカメラを携え鉄道の旅に出、車窓から日本各地の風景を捉えた写真80点余が収められている。巻頭は栂池自然公園の岩の間にのぞく白い草花。「瑞々しく穏やかな日本の風景は四季折々に美しい」と言葉が添えられている。

 戸隠高原のミズバショウ群生、白馬から望む北アルプス、夏の八方池、雪の長野電鉄湯田中駅付近、津軽の岩木山、津軽海峡、北海道釧網本線北浜駅、どれも見入ってしまう日本の美しい風景。特に海と雪は印象的だ。

 前作で、東日本大震災で分断された東北の海岸線もいつかは訪ねたい、と書いた片岡さんは2011年に続いて12年も東北を旅し、3月17日全線開通した八戸線からも撮影、海岸に立てられた「ありがとうJR」の文字や三陸鉄道北リアス線の車窓から「瓦礫以外に何も無い」風景を捉えている。また、日本のあちこちで今も健気に走る路面電車も収録されていて、全国のJR、第三セクター、ローカル私鉄、路面電車を全国制覇した「乗り鉄」片岡さんの分身ともいえる作品集になっている。表紙は単線の美作滝尾駅、裏には小さなトンネルの写真があしらわれ、どんな電車が走るのだろうと想像が膨らむ。化粧箱には鉄道の駅や鉄橋、路面電車、そして片岡さんの似顔絵が優しいタッチで描かれている。大判になり風景がより迫力を持って表現されている第二集は、日本の景色とともに旅への思いが静かに熱く見る者の心に届く。

あさひ高速印刷に見積もりを依頼する

自費出版のご案内

大阪・東京・宝塚に事務所をもつあさひ高速印刷では、自叙伝・私小説などの個人出版や詩集・写真集・絵本といった作品集などの自費出版をきめ細かくサポート。経験と新しい発想をもった編集者がお客様のご要望にお応えします。

印刷会社ならではの合理的な納期・予算をご提供します。

  • 印刷原価での制作費のお見積
  • 印刷会社ならではの短納期
  • 専門知識を身につけた執筆者による代筆も可能
<こんな本をつくりたい>
自分史・体験記・遺稿集・追悼集・随筆・紀行文
句集・歌集・詩集・小説・絵本・画集・写真集・記念誌・社史など

自費出版無料相談会

自分史・記念誌・情報誌・会報・俳句集・写真集など、スタッフが原稿作成からしっかりとお手伝い致します。 予約制となっておりますので、まずはご連絡ください。

自費出版担当
田崎まき子
宝塚でタウン誌の制作に携わって20年。
編集のプロとして親切、丁寧にアドバイスさせていただきます。
本づくりの過程を楽しみながら、あなたの大切な1冊をつくっていきましょう。

本づくりの手順

本づくりの手順
値段
編集 当社の編集者が割り付け、校正などを行う費用
印刷・製本 組み版、製版から印刷・製本までの費用
(本の仕様以外に手書き・データなど原稿の形態によってもことなる)
装丁・デザイン 外箱やカバー、表紙のデザインなどをプロのデザイナーに発注する場合に必要。
色校正(カラーの場合) 普通1回ですが、回数によってプラスされます。
添削 リライトや大幅な添削が必要な場合
写真撮影 写真はご用意頂くのが原則ですが、作品集など撮影が必要な場合
取材・執筆 原稿のない場合や一部に対談やインタビューなどを入れる場合

自費出版のご依頼可能地域

自費出版では、仕様や色校正のご確認など、納得のいく作品作りのため、綿密な打ち合わせが必要になってきます。大阪市近郊以外の地域のお客様は基本的にお請けしておりません。あらかじめご了承ください。

宝塚・池田・芦屋・西宮・伊丹・尼崎・大阪市内・茨木・高槻・京都方面
問い合わせ
電話でのお問い合わせ:大阪本社 06-6448-7521 問い合わせ担当まで
メールでのお問い合わせ:問い合わせ専用窓口 thanks@ag-media.co.jp