自費出版

9.一般・教養

トップページ>自費出版>9.一般・教養>眼科医のつぶやき -目を通じて健康を考える-
医療法人社団 広辻眼科 廣辻 逸郎
眼科医のつぶやき -目を通じて健康を考える-<br />医療法人社団 広辻眼科 廣辻 逸郎

眼科医のつぶやき -目を通じて健康を考える-
医療法人社団 広辻眼科 廣辻 逸郎

発 行 日:2013年11月
著   者:廣辻 逸郎
印刷・製本:あさひ高速印刷㈱
A5判 並製本 248頁

眼科医である廣辻逸郎氏が開業50周年を迎えた昨秋、平成18年3月から発行している広辻眼科マンスリー1号から90号までを一冊にまとめた。

A4判の表側に時節を得た話題と健康についての持論を、裏面には少し専門的な目の病気をわかりやすく解説した患者さん向けマンスリーの90回分を収録した248頁の冊子を眼科医の廣辻氏が発行した。まえがきで、宝塚市野上に眼科医を開業した50年前、宝塚市の人口は7万人で眼科医院は3軒しかなく、トラコーマなど外眼部の治療が主流で、今日のように眼底の病気を診ることは殆ど無く、医師はルーペ一本で病気を見極めていたと述べ、13年後の昭和51年には検査機器を設置したが、当時は開業医で白内障手術ができるとは予想もしていなかったと回顧している。その後の医療の進歩は目覚ましく、広辻眼科でも今では白内障の日帰り手術が可能で、地域の医院として二代目、三代目の患者さんも診ているそうだが、患者さんと医師の橋渡しの一助になってきたのが、この広辻眼科マンスリーである。
 
時の話題では「最近の医療事情について」「どうなる今後の医療行政」「薬剤の後発品について」など医療の話から「雑草という草はない」「坂本竜馬から150年」といったエッセイ風、そして平成23年4月と5月の62号、63号では「東北関東地震津波大災害」を取り上げ、89号では「海賊と呼ばれた男と八重の桜」を紹介するなど多岐にわたる話題に氏の考えがちりばめられ、「健康とは」では「ストレスについて」「免疫について」「上手な医者のかかりかた」「日本人の健康志向」「食べ物は薬です」「目は体の窓」「アンチエージングについて」など興味深いテーマで持論が展開され示唆に富んでいる。2面に執筆した「目の病気」は22号までが収録され(以降は現広辻徳彦院長が執筆)、病気についてわかりやすく解説されていて、このマンスリーが患者さんにとって健康や病気のことを理解するのに大いに役立ち、医者との橋渡しの役目を果たしていることがよくわかる。
 
中には氏の趣味である写真がカラーで収められているので、専門書とは違い気楽に読むことができ、おおいに共感する一冊である。

あさひ高速印刷に見積もりを依頼する

自費出版のご案内

大阪・東京・宝塚に事務所をもつあさひ高速印刷では、自叙伝・私小説などの個人出版や詩集・写真集・絵本といった作品集などの自費出版をきめ細かくサポート。経験と新しい発想をもった編集者がお客様のご要望にお応えします。

印刷会社ならではの合理的な納期・予算をご提供します。

  • 印刷原価での制作費のお見積
  • 印刷会社ならではの短納期
  • 専門知識を身につけた執筆者による代筆も可能
<こんな本をつくりたい>
自分史・体験記・遺稿集・追悼集・随筆・紀行文
句集・歌集・詩集・小説・絵本・画集・写真集・記念誌・社史など

自費出版無料相談会

自分史・記念誌・情報誌・会報・俳句集・写真集など、スタッフが原稿作成からしっかりとお手伝い致します。 予約制となっておりますので、まずはご連絡ください。

自費出版担当
田崎まき子
宝塚でタウン誌の制作に携わって20年。
編集のプロとして親切、丁寧にアドバイスさせていただきます。
本づくりの過程を楽しみながら、あなたの大切な1冊をつくっていきましょう。

本づくりの手順

本づくりの手順
値段
編集 当社の編集者が割り付け、校正などを行う費用
印刷・製本 組み版、製版から印刷・製本までの費用
(本の仕様以外に手書き・データなど原稿の形態によってもことなる)
装丁・デザイン 外箱やカバー、表紙のデザインなどをプロのデザイナーに発注する場合に必要。
色校正(カラーの場合) 普通1回ですが、回数によってプラスされます。
添削 リライトや大幅な添削が必要な場合
写真撮影 写真はご用意頂くのが原則ですが、作品集など撮影が必要な場合
取材・執筆 原稿のない場合や一部に対談やインタビューなどを入れる場合

自費出版のご依頼可能地域

自費出版では、仕様や色校正のご確認など、納得のいく作品作りのため、綿密な打ち合わせが必要になってきます。大阪市近郊以外の地域のお客様は基本的にお請けしておりません。あらかじめご了承ください。

宝塚・池田・芦屋・西宮・伊丹・尼崎・大阪市内・茨木・高槻・京都方面
問い合わせ
電話でのお問い合わせ:大阪本社 06-6448-7521 問い合わせ担当まで
メールでのお問い合わせ:問い合わせ専用窓口 thanks@ag-media.co.jp