自費出版

5.記念史

トップページ>自費出版>5.記念史>富田好久先生米寿記念誌
池田郷土史学会
富田好久先生米寿記念誌<br />池田郷土史学会

富田好久先生米寿記念誌
池田郷土史学会

発行日:2014年1月12日
発 行:池田郷土史学会
編 集:池田郷土史学会富田好久先生米寿記念誌編集委員会 池田市栄本町9-1池田市立コミュニティセンター2F いけだNPOセンター内
印刷・製本:あさひ高速印刷㈱
上製本 B5判 188頁
1,000円(送料別)で頒布(申込み先:ウィズたからづか編集部)

昭和27年(1952)、当時の池田市長を会長に小林一三翁を名誉顧問に発足し、今年62年目を迎える池田郷土史学会で昭和39年から理事、平成15年から会長を務める考古学研究者、富田好久氏の米寿を記念し、88歳となる1月に池田郷土史学会により、「富田好久先生米寿記念誌」が上梓された。

 ハードカバー、B5判の記念誌の表紙を飾るのは富田好久氏の米寿を祝って書家、書道芸術院名誉顧問の小伏輝男氏が揮毫した「龍」の一文字。赤い色紙に濃墨が美しく印象的である。

 富田氏が昭和51年、56年、60年に発表した論文「畿内における古代鉄鏃の集成」「畿内における横穴式古墳の企画性」「古代に於ける炉とカマドの変遷」を中心に池田市長、教育長、前池田市長、池田市議会議長、池田市史編纂委員長などの祝辞、交流の深かった方々の献呈文、そして富田氏がもうひとつのライフワークとしていた写真の中から各賞に入賞した作品11点が巻末グラビアに収録され、188頁に及ぶ立派な記念誌に仕立てられている。

 富田氏は考古学の研究者として柏原市の「北玉山古墳」や川西市の「加茂遺跡」発掘に携わり文献を遺している他、池田市史編纂に長年携わり、池田市内の旧石器、縄文、弥生、古墳時代の遺跡や中世の遺跡を紹介、また、平成7年には「目で見る北摂100年」を、10年には「図説北摂の歴史」を監修、執筆するなど郷土の歴史や文化財発掘に尽力、米寿を迎えた今も自らの足で歩き、研究調査を続けている。記念誌は富田氏の貴重な研究を掲載した文献であるが、献呈文には氏の気さくな人柄を偲ばせる逸話も多く、半世紀以上に亘り郷土史研究に携わって来た氏の米寿にふさわしい記念の一冊になったといえる。

あさひ高速印刷に見積もりを依頼する

自費出版のご案内

大阪・東京・宝塚に事務所をもつあさひ高速印刷では、自叙伝・私小説などの個人出版や詩集・写真集・絵本といった作品集などの自費出版をきめ細かくサポート。経験と新しい発想をもった編集者がお客様のご要望にお応えします。

印刷会社ならではの合理的な納期・予算をご提供します。

  • 印刷原価での制作費のお見積
  • 印刷会社ならではの短納期
  • 専門知識を身につけた執筆者による代筆も可能
<こんな本をつくりたい>
自分史・体験記・遺稿集・追悼集・随筆・紀行文
句集・歌集・詩集・小説・絵本・画集・写真集・記念誌・社史など

自費出版無料相談会

自分史・記念誌・情報誌・会報・俳句集・写真集など、スタッフが原稿作成からしっかりとお手伝い致します。 予約制となっておりますので、まずはご連絡ください。

自費出版担当
田崎まき子
宝塚でタウン誌の制作に携わって20年。
編集のプロとして親切、丁寧にアドバイスさせていただきます。
本づくりの過程を楽しみながら、あなたの大切な1冊をつくっていきましょう。

本づくりの手順

本づくりの手順
値段
編集 当社の編集者が割り付け、校正などを行う費用
印刷・製本 組み版、製版から印刷・製本までの費用
(本の仕様以外に手書き・データなど原稿の形態によってもことなる)
装丁・デザイン 外箱やカバー、表紙のデザインなどをプロのデザイナーに発注する場合に必要。
色校正(カラーの場合) 普通1回ですが、回数によってプラスされます。
添削 リライトや大幅な添削が必要な場合
写真撮影 写真はご用意頂くのが原則ですが、作品集など撮影が必要な場合
取材・執筆 原稿のない場合や一部に対談やインタビューなどを入れる場合

自費出版のご依頼可能地域

自費出版では、仕様や色校正のご確認など、納得のいく作品作りのため、綿密な打ち合わせが必要になってきます。大阪市近郊以外の地域のお客様は基本的にお請けしておりません。あらかじめご了承ください。

宝塚・池田・芦屋・西宮・伊丹・尼崎・大阪市内・茨木・高槻・京都方面
問い合わせ
電話でのお問い合わせ:大阪本社 06-6448-7521 問い合わせ担当まで
メールでのお問い合わせ:問い合わせ専用窓口 thanks@ag-media.co.jp