自費出版

6.自分史・自叙伝

トップページ>自費出版>6.自分史・自叙伝>カリンの実ひとつ −鈴木浩允 駄作文集−
カリンの実ひとつ −鈴木浩允 駄作文集−

カリンの実ひとつ −鈴木浩允 駄作文集−

発行日  2014年3月26日
編 集  鈴木雄介
印刷製本 あさひ高速印刷㈱
四六判  182頁(4頁カラー)
並製本(私家本)

 会社を定年後、折に触れエッセイを書いていた鈴木浩允さんはそれを「駄作文集」とし...

 会社を定年後、折に触れエッセイを書いていた鈴木浩允さんはそれを「駄作文集」としてファイルにまとめていた。その中から52編を選んで、データー化し遺稿集としてまとめたのが、「カリンの実ひとつ」。編集を手がけた息子の雄介さんは本のまえがきに、鈴木さんが入院中に話した「カリンの実ひとつ落ちたくらいのことでも話してほしい。今のぼくには、それだけでもニュースなんだから」という言葉を引用。そして題名は「カリンの実ひとつ」と付けられた。

 「駄作文集」の中に「カリンの実」と題するエッセイがあり、ある事情を背景に鈴木さんが自宅の門脇に植えたカリンがみごとに育ち青い実をつけたことが書かれている。

 本書は遠い日のこと・旅の思い出・日々の随想・身辺雑記・詩と童話の5章からなり、「はじめに」を雄介さんが、「むすび」には孫の櫻子さんが「じいじさんへ」送った手紙が収められ、最後に鈴木さんの履歴が添えられている。

 エッセイの中には「地震 午前五時四十六分」「震災、そのあと」として阪神淡路大震災当時の被災地の様子と周辺地との温度差に触れた一節があり、鈴木さんの記憶の断片は貴重な記録にもなっていて心が揺さぶられる。

 巻頭には写真を配し、子ども時代、青年時代のモノクロ写真と家族や孫と写したカラー写真、自宅前に大きく育ったカリンの木、2013年秋に実ったカリンの実の写真も掲載され、鈴木さんの想い出と家族の思いが詰まっている。

 青と赤の二色遣いが目を引く斬新な表紙は鈴木さんの出身校である慶応義塾大学のイメージカラーを使って雄介さんがデザイン。シンプルだが印象的な仕上がりだ。

 身近な人に渡されたこの一冊。手に取った人が本のページを開くとエッセイの一篇、一篇に鈴木さんの存在を感じ、想い出が蘇ってくる、そんな遺稿集だといえる。

あさひ高速印刷に見積もりを依頼する

自費出版のご案内

大阪・東京・宝塚に事務所をもつあさひ高速印刷では、自叙伝・私小説などの個人出版や詩集・写真集・絵本といった作品集などの自費出版をきめ細かくサポート。経験と新しい発想をもった編集者がお客様のご要望にお応えします。

印刷会社ならではの合理的な納期・予算をご提供します。

  • 印刷原価での制作費のお見積
  • 印刷会社ならではの短納期
  • 専門知識を身につけた執筆者による代筆も可能
<こんな本をつくりたい>
自分史・体験記・遺稿集・追悼集・随筆・紀行文
句集・歌集・詩集・小説・絵本・画集・写真集・記念誌・社史など

自費出版無料相談会

自分史・記念誌・情報誌・会報・俳句集・写真集など、スタッフが原稿作成からしっかりとお手伝い致します。 予約制となっておりますので、まずはご連絡ください。

自費出版担当
田崎まき子
宝塚でタウン誌の制作に携わって20年。
編集のプロとして親切、丁寧にアドバイスさせていただきます。
本づくりの過程を楽しみながら、あなたの大切な1冊をつくっていきましょう。

本づくりの手順

本づくりの手順
値段
編集 当社の編集者が割り付け、校正などを行う費用
印刷・製本 組み版、製版から印刷・製本までの費用
(本の仕様以外に手書き・データなど原稿の形態によってもことなる)
装丁・デザイン 外箱やカバー、表紙のデザインなどをプロのデザイナーに発注する場合に必要。
色校正(カラーの場合) 普通1回ですが、回数によってプラスされます。
添削 リライトや大幅な添削が必要な場合
写真撮影 写真はご用意頂くのが原則ですが、作品集など撮影が必要な場合
取材・執筆 原稿のない場合や一部に対談やインタビューなどを入れる場合

自費出版のご依頼可能地域

自費出版では、仕様や色校正のご確認など、納得のいく作品作りのため、綿密な打ち合わせが必要になってきます。大阪市近郊以外の地域のお客様は基本的にお請けしておりません。あらかじめご了承ください。

宝塚・池田・芦屋・西宮・伊丹・尼崎・大阪市内・茨木・高槻・京都方面
問い合わせ
電話でのお問い合わせ:大阪本社 06-6448-7521 問い合わせ担当まで
メールでのお問い合わせ:問い合わせ専用窓口 thanks@ag-media.co.jp