自費出版

3.句集・歌集・詩集

トップページ>自費出版>3.句集・歌集・詩集>蛙の校舎 花谷 香久子 著
蛙の校舎 花谷 香久子 著

蛙の校舎 花谷 香久子 著

発行日 平成二十八年三月一日
著 者 花谷香久子
編 集 吉岡邑玲
製本・印刷 あさひ高速印刷(株)
A5判 136頁 並製本

平成14年秋に夫の遺稿集を出版した花谷香久子さんが、平成28年3月に自身の歩んだ道を136頁の冊子にまとめた「蛙の校舎」を出版した。

傘寿を迎え、自分の来し方をまとめる

 遺稿集「有為の仄めき」は夫が遺した散分やエッセイ、寄稿文とともに花谷さんが夫とのことを和歌でつづった挽歌を収め、思い出の写真を入れ、三回忌に合わせて出版した。その14年後、傘寿を迎えた花谷さんは自分の来し方をまとめて次代に遺そうと、若い頃からのこと、教師時代33年間の思い出を辿って原稿を執筆、教職退職後に始め、今も続けている短歌も随所にちりばめ、夫への晩歌16首も収録。

 表題の「蛙の校舎」は花谷さんが新任の英語教師として赴任し、四半世紀勤務した池田市立北豊島中学校の校舎のこと。当時はカエルの鳴き声が聞こえる古い校舎で、「蛙の校舎」と呼ばれていたという。

 紬をイメージした櫻色の用紙に、藍の文字で表題が書かれただけのシンプルな表紙だが、花谷さんの温かく実直な人柄と凛とした生き方を表しているようでもある。

 第一章、「教職にあった三十三年間のこと」を中心に、最終章の第八章「晩歌」までには、卒業生7人の寄稿文や戦争で若くして亡くなった兄を詠んだ歌8首、家族のこと、二人の娘と孫から花谷さんに寄せられた文も収録され、巻頭には傘寿の記念写真やカルチャーセンターで習った絵手紙がカラーで掲載されている。

 人生の歩みを気負わず、活字に遺すことは、次代の人たちにとって貴重な道しるべとなるだろう。そんな思いを抱かせてくれる花谷さんらしい自然体の自分史に仕上がっている。

あさひ高速印刷に見積もりを依頼する

自費出版のご案内

大阪・東京・宝塚に事務所をもつあさひ高速印刷では、自叙伝・私小説などの個人出版や詩集・写真集・絵本といった作品集などの自費出版をきめ細かくサポート。経験と新しい発想をもった編集者がお客様のご要望にお応えします。

印刷会社ならではの合理的な納期・予算をご提供します。

  • 印刷原価での制作費のお見積
  • 印刷会社ならではの短納期
  • 専門知識を身につけた執筆者による代筆も可能
<こんな本をつくりたい>
自分史・体験記・遺稿集・追悼集・随筆・紀行文
句集・歌集・詩集・小説・絵本・画集・写真集・記念誌・社史など

自費出版無料相談会

自分史・記念誌・情報誌・会報・俳句集・写真集など、スタッフが原稿作成からしっかりとお手伝い致します。 予約制となっておりますので、まずはご連絡ください。

自費出版担当
田崎まき子
宝塚でタウン誌の制作に携わって20年。
編集のプロとして親切、丁寧にアドバイスさせていただきます。
本づくりの過程を楽しみながら、あなたの大切な1冊をつくっていきましょう。

本づくりの手順

本づくりの手順
値段
編集 当社の編集者が割り付け、校正などを行う費用
印刷・製本 組み版、製版から印刷・製本までの費用
(本の仕様以外に手書き・データなど原稿の形態によってもことなる)
装丁・デザイン 外箱やカバー、表紙のデザインなどをプロのデザイナーに発注する場合に必要。
色校正(カラーの場合) 普通1回ですが、回数によってプラスされます。
添削 リライトや大幅な添削が必要な場合
写真撮影 写真はご用意頂くのが原則ですが、作品集など撮影が必要な場合
取材・執筆 原稿のない場合や一部に対談やインタビューなどを入れる場合

自費出版のご依頼可能地域

自費出版では、仕様や色校正のご確認など、納得のいく作品作りのため、綿密な打ち合わせが必要になってきます。大阪市近郊以外の地域のお客様は基本的にお請けしておりません。あらかじめご了承ください。

宝塚・池田・芦屋・西宮・伊丹・尼崎・大阪市内・茨木・高槻・京都方面
問い合わせ
電話でのお問い合わせ:大阪本社 06-6448-7521 問い合わせ担当まで
メールでのお問い合わせ:問い合わせ専用窓口 thanks@ag-media.co.jp