自費出版

6.自分史・自叙伝

トップページ>自費出版>6.自分史・自叙伝>「九十六歳 ビルマ戦線の証言」 今里淑郎
「九十六歳 ビルマ戦線の証言」 今里淑郎

「九十六歳 ビルマ戦線の証言」 今里淑郎

2017年6月
著 者  今里淑郎(歩兵第168聯隊戦友会元事務局長)
印刷製本 あさひ高速印刷(株)宝塚営業所
B5判 168頁 (カラー32頁)

1943年21歳で篠山歩兵168聯隊に入隊した今里淑郎さんは、最も過酷で無謀と言われるビルマ(現ミャンマー)インパール作戦に加わり、無事帰還した数少ない生存者。現地での戦没者慰霊は高齢のため叶わなくなったが、ビルマ戦線体験者として貴重な証言を一冊にまとめた。
 戦後70年を迎えた2015年、「ビルマ地獄の敗走」と題した記事が神戸新聞に17回にわたり連載され反響を呼んだ。今年数え年で96歳を迎えた今里淑郎さんが取材に応じ(取材時94歳)、インパール作戦など過酷を極めたビルマ戦線の真実が改めて証言された。昨年はその記事を32頁の冊子にまとめたところ、遺族からの反響も大きく、加えて日本政府が遺骨収集のための調査団の派遣を決めたことから、放送局からの取材依頼も舞い込んだ。

 宝塚市在住の今里さんは戦後、独力で医療器具メーカーを創業、社長業の傍ら、戦友会の事務局などを務め、1977年にはビルマ巡礼を企画、慰霊碑を現地に建立、その後も巡礼を重ね、生き残った者の使命として戦没者の法要を欠かさずに行って来た。2006年には現地寺院で修業の後、ビルマ僧籍を取得し、上座僧として84歳で慰霊法要を行った。

 2009年には、八十八歳の節目に自らの筆で生涯をまとめ、自叙伝「授かりし道」として上梓。文中には戦没者の慰霊を始めた経緯が長女の死とともに語られているのが印象的だ。

 そして、この度前述の冊子と、自叙伝からビルマ戦線に関する記述を合わせたビルマ戦線の記録を「九十六歳 ビルマ戦線の証言」にまとめ上げた。あとがきには「96歳まで元気で長生きをさせて頂きましたことはひとえに、英霊の御加護だと感得いたしております。今後も体の動く限り法要を続ける覚悟です。戦後72年が過ぎました。どうか、今の世が多くの犠牲を払った戦争の上に成り立っていることを忘れないで下さい」と記されている。

あさひ高速印刷に見積もりを依頼する

自費出版のご案内

大阪・東京・宝塚に事務所をもつあさひ高速印刷では、自叙伝・私小説などの個人出版や詩集・写真集・絵本といった作品集などの自費出版をきめ細かくサポート。経験と新しい発想をもった編集者がお客様のご要望にお応えします。

印刷会社ならではの合理的な納期・予算をご提供します。

  • 印刷原価での制作費のお見積
  • 印刷会社ならではの短納期
  • 専門知識を身につけた執筆者による代筆も可能
<こんな本をつくりたい>
自分史・体験記・遺稿集・追悼集・随筆・紀行文
句集・歌集・詩集・小説・絵本・画集・写真集・記念誌・社史など

自費出版無料相談会

自分史・記念誌・情報誌・会報・俳句集・写真集など、スタッフが原稿作成からしっかりとお手伝い致します。 予約制となっておりますので、まずはご連絡ください。

自費出版担当
田崎まき子
宝塚でタウン誌の制作に携わって20年。
編集のプロとして親切、丁寧にアドバイスさせていただきます。
本づくりの過程を楽しみながら、あなたの大切な1冊をつくっていきましょう。

本づくりの手順

本づくりの手順
値段
編集 当社の編集者が割り付け、校正などを行う費用
印刷・製本 組み版、製版から印刷・製本までの費用
(本の仕様以外に手書き・データなど原稿の形態によってもことなる)
装丁・デザイン 外箱やカバー、表紙のデザインなどをプロのデザイナーに発注する場合に必要。
色校正(カラーの場合) 普通1回ですが、回数によってプラスされます。
添削 リライトや大幅な添削が必要な場合
写真撮影 写真はご用意頂くのが原則ですが、作品集など撮影が必要な場合
取材・執筆 原稿のない場合や一部に対談やインタビューなどを入れる場合

自費出版のご依頼可能地域

自費出版では、仕様や色校正のご確認など、納得のいく作品作りのため、綿密な打ち合わせが必要になってきます。大阪市近郊以外の地域のお客様は基本的にお請けしておりません。あらかじめご了承ください。

宝塚・池田・芦屋・西宮・伊丹・尼崎・大阪市内・茨木・高槻・京都方面
問い合わせ
電話でのお問い合わせ:大阪本社 06-6448-7521 問い合わせ担当まで
メールでのお問い合わせ:問い合わせ専用窓口 thanks@ag-media.co.jp