自費出版

6.自分史・自叙伝

トップページ>自費出版>6.自分史・自叙伝>「歌劇の街 宝塚を賑わしたカツドウヤ達」
〜 映像に生涯をかけた記録 〜  野村 純一
「歌劇の街 宝塚を賑わしたカツドウヤ達」<BR>〜 映像に生涯をかけた記録 〜  野村 純一

「歌劇の街 宝塚を賑わしたカツドウヤ達」
〜 映像に生涯をかけた記録 〜  野村 純一

発行日 : 2017年10月28日
発行所 : アトリエ J
著 者 : 野村純一
定 価 : 1000円+税
印刷・製本 : あさひ高速印刷株式会社
四六判 208頁 並製本

かつて宝塚には宝塚映画製作所があり、1952年から1968年の16年間に「姿三四郎」「小早川家の秋」など175作品の映画が製作された。それらの作品の中から毎年、何作かがシネ・ピピアでの宝塚映画祭で上映されている。今年の映画祭の初日にゲスト出演した野村純一さんは宝塚映画製作所で助監督を務め、後の宝塚映像㈱ではテレビ映画の監督を務めた。宝塚映画時代の記録を一冊にまとめた「歌劇の街 宝塚を賑わしたカツドウヤ達」を映画祭の初日、10月28日に出版した。
現場を知る助監督が語る監督や男優、女優のエピソード

 著者の野村純一さんは45年間映画に携わってきたカツドウヤ。1951年に歌劇の生みの親、小林一三が創立した宝塚映画製作所の助監督部に入社、以来1968年まで映画の制作に携わり、映画の現場をつぶさに見て来た。その貴重な記録が「歌劇の街 宝塚を賑わしたカツドウヤ達」には詰まっている。表紙は在りし日の宝塚映画製作所の写真があしらわれ、宝塚の街を著名な監督や男優、女優が華やかに行き交った日々があったことを思い起こさせる。11章からなる本文は、ロケハンやセット設営、時間と経費の計算など厳しい仕事内容を記した3章「撮影スタッフと役割」4章「映画作品の製作から上映まで」に加え、5章~7章には現場を知る野村さんならではの秘話が収録されている。黒澤明、小津安二郎など監督、三船敏郎、加山雄三、原節子、八千草薫、司葉子などそうそうたる男優、女優のエピソードが興味深い。例えば、三船敏郎監督・主演の「五十万人の遺産」で清荒神山中にある自衛隊演習場のロケ現場に三船敏郎が先頭に立って小道具を運んだり、水中での撮影でも率先して首まで浸かったり…「三船さんのスタッフへの気の配りようは大胆な演技と異なり非常に繊細です」というように。同時に女優の知られざる素顔も添えられている。そして9章「高野山真言宗との出合い イベントの制作」、10章「第2回モントリオール映画祭に参加」、11章「宝塚映画祭とZUKA」と続く。

 昔の映画事情を知ることが出来る貴重な1冊である。

あさひ高速印刷に見積もりを依頼する

自費出版のご案内

大阪・東京・宝塚に事務所をもつあさひ高速印刷では、自叙伝・私小説などの個人出版や詩集・写真集・絵本といった作品集などの自費出版をきめ細かくサポート。経験と新しい発想をもった編集者がお客様のご要望にお応えします。

印刷会社ならではの合理的な納期・予算をご提供します。

  • 印刷原価での制作費のお見積
  • 印刷会社ならではの短納期
  • 専門知識を身につけた執筆者による代筆も可能
<こんな本をつくりたい>
自分史・体験記・遺稿集・追悼集・随筆・紀行文
句集・歌集・詩集・小説・絵本・画集・写真集・記念誌・社史など

自費出版無料相談会

自分史・記念誌・情報誌・会報・俳句集・写真集など、スタッフが原稿作成からしっかりとお手伝い致します。 予約制となっておりますので、まずはご連絡ください。

自費出版担当
田崎まき子
宝塚でタウン誌の制作に携わって20年。
編集のプロとして親切、丁寧にアドバイスさせていただきます。
本づくりの過程を楽しみながら、あなたの大切な1冊をつくっていきましょう。

本づくりの手順

本づくりの手順
値段
編集 当社の編集者が割り付け、校正などを行う費用
印刷・製本 組み版、製版から印刷・製本までの費用
(本の仕様以外に手書き・データなど原稿の形態によってもことなる)
装丁・デザイン 外箱やカバー、表紙のデザインなどをプロのデザイナーに発注する場合に必要。
色校正(カラーの場合) 普通1回ですが、回数によってプラスされます。
添削 リライトや大幅な添削が必要な場合
写真撮影 写真はご用意頂くのが原則ですが、作品集など撮影が必要な場合
取材・執筆 原稿のない場合や一部に対談やインタビューなどを入れる場合

自費出版のご依頼可能地域

自費出版では、仕様や色校正のご確認など、納得のいく作品作りのため、綿密な打ち合わせが必要になってきます。大阪市近郊以外の地域のお客様は基本的にお請けしておりません。あらかじめご了承ください。

宝塚・池田・芦屋・西宮・伊丹・尼崎・大阪市内・茨木・高槻・京都方面
問い合わせ
電話でのお問い合わせ:大阪本社 06-6448-7521 問い合わせ担当まで
メールでのお問い合わせ:問い合わせ専用窓口 thanks@ag-media.co.jp