自費出版

3.句集・歌集・詩集

トップページ>自費出版>3.句集・歌集・詩集>歌集 心のままを 木下 多加子
歌集 心のままを 木下 多加子

歌集 心のままを 木下 多加子

発行日  2019年4月
著 者  木下多加子
印刷・製本 あさひ高速印刷㈱
四六判 100ページ 並製本 私家版

62歳まで17年間、短歌を学び、日記を記すように、移り行く日常を季節とともに詠んで来た木下多加子さんが喜寿の記念にと歌集「心のままを」を上梓した。
 木下さんは友人の勧めで作風社に入会し、15年前に退会するまでに多くの短歌を詠んで来た。歌には子どもの成長や家族の情景が詠まれ、木下さんの生活風景や心のありようが透けて見える。その中から288首を選んで歌集「心のままを」にまとめ、4月に発行した。淡い桜色の表紙に薄緑の見返しが春を感じさせるとともに、木下さんの穏やかな人柄を滲ませている。初期の作品は「今にして思えば未熟な歌もあり、恥ずかしいのですが、私が生活の中で感じたままを素直に詠んでいるので、当時を思い出して懐かしくなります」と、木下さん。「短歌は俳句と違い、季語を用いないので初心者も作りやすいです」とも。
 作風社では各地へも吟行し、歌会では師や仲間からの評価を受け、充実した日々だったという。短歌以外にも多彩な趣味を持ち、最近は水彩画教室に通っているそうだ。冊子の空間には歌に合わせて描いた挿絵が添えられていてほっこりとする。

母の日に娘よりもらいし三本の
    ほのぼの香るオレンヂのバラ
作りたる月下美人酒水クラゲ
    浮きいるようと夫は批評す
整列をなしたる如き稲の葉に
    どよめきおこす風のいたづら
奥入瀬の渓谷の中進みゆく
    バスも緑に染まる水無月
楊梅を口にふくめばあの夏の
    思い出一つ紅くそまりぬ
出されたるスリッパ履けば足裏より
    その家の温もり伝わりてくる
病みてよりただなんとなく過ぎる日々
    花の季節も鈍色なるか

あさひ高速印刷に見積もりを依頼する

自費出版のご案内

大阪・東京・宝塚に事務所をもつあさひ高速印刷では、自叙伝・私小説などの個人出版や詩集・写真集・絵本といった作品集などの自費出版をきめ細かくサポート。経験と新しい発想をもった編集者がお客様のご要望にお応えします。

印刷会社ならではの合理的な納期・予算をご提供します。

  • 印刷原価での制作費のお見積
  • 印刷会社ならではの短納期
  • 専門知識を身につけた執筆者による代筆も可能
<こんな本をつくりたい>
自分史・体験記・遺稿集・追悼集・随筆・紀行文
句集・歌集・詩集・小説・絵本・画集・写真集・記念誌・社史など

自費出版無料相談会

自分史・記念誌・情報誌・会報・俳句集・写真集など、スタッフが原稿作成からしっかりとお手伝い致します。 予約制となっておりますので、まずはご連絡ください。

自費出版担当
田崎まき子
宝塚でタウン誌の制作に携わって20年。
編集のプロとして親切、丁寧にアドバイスさせていただきます。
本づくりの過程を楽しみながら、あなたの大切な1冊をつくっていきましょう。

本づくりの手順

本づくりの手順
値段
編集 当社の編集者が割り付け、校正などを行う費用
印刷・製本 組み版、製版から印刷・製本までの費用
(本の仕様以外に手書き・データなど原稿の形態によってもことなる)
装丁・デザイン 外箱やカバー、表紙のデザインなどをプロのデザイナーに発注する場合に必要。
色校正(カラーの場合) 普通1回ですが、回数によってプラスされます。
添削 リライトや大幅な添削が必要な場合
写真撮影 写真はご用意頂くのが原則ですが、作品集など撮影が必要な場合
取材・執筆 原稿のない場合や一部に対談やインタビューなどを入れる場合

自費出版のご依頼可能地域

自費出版では、仕様や色校正のご確認など、納得のいく作品作りのため、綿密な打ち合わせが必要になってきます。大阪市近郊以外の地域のお客様は基本的にお請けしておりません。あらかじめご了承ください。

宝塚・池田・芦屋・西宮・伊丹・尼崎・大阪市内・茨木・高槻・京都方面
問い合わせ
電話でのお問い合わせ:大阪本社 06-6448-7521 問い合わせ担当まで
メールでのお問い合わせ:問い合わせ専用窓口 thanks@ag-media.co.jp