自費出版

7.小説・エッセイ

戦後を辿る旅

戦後を辿る旅

発行日 2020年9月1日
発行 まきば出版
著者 甲山羊二 
印刷製本 あさひ高速印刷株式会社
A5判 216ページ ソフトカバー・雁垂れ製本
定価 1800円(税別)

 戦後生まれの甲山さんの旅は「二〇一四三月。戦後を辿る旅。僕は東京九段にある靖國神社にいた。」から始まる。「内なる声」に導かれるように、二四六万六千余柱が眠る靖國神社へ。そして「英霊の声に耳を傾けなければならない」、と各地の戦跡を辿る。多くの若者が飛び立ち多くの命が散華して行った場所、鹿児島の知覧では知覧特攻平和会館で若者と対峙する。生々しい光景と言葉が文中に散りばめられる。次なる場所は昭和19年末に完成し僅か4ヶ月間しか使われなかった鹿児島にある陸軍最後の万世飛行場跡。祈念館に飾られていた一枚の写真、子犬を抱く笑顔の隊員から起草され、綴られる文は心に痛く響く。
 海軍兵学校があった広島江田島。そこにある参考館では展示されている藤田嗣治の戦争画と向き合う。「藤田は日本を捨てた。いや、日本が藤田を捨てたのだ…」綴られる言葉は重い。紀行は6番目の広島原爆資料館、9番目の長崎原爆資料館へ。2015年の広島松井市長の平和宣言、2017年の長崎田上市長の平和宣言全文も掲載されている。兵庫県加西市鶉野飛行場跡、そこは航空機紫電、紫電改の飛行実験が行われ、近くには戦跡も多く、地下壕での情景描写は過去の暗闇を甦らせる。
 大阪大空襲を辿る起点としての大阪砲兵工廠診療所跡地。年老いた語り部の「僕にしか聞こえない声」が届く。この本の最後は昨年辿りついた南の前線、沖縄。そして「ここから僕はまた歩み始めなければならない」と締め括られている。読む者の心を揺さぶらずにはおかない「戦後を辿る旅」は次なる地を目指すのであろう。

あさひ高速印刷に見積もりを依頼する

自費出版のご案内

大阪・東京・宝塚に事務所をもつあさひ高速印刷では、自叙伝・私小説などの個人出版や詩集・写真集・絵本といった作品集などの自費出版をきめ細かくサポート。経験と新しい発想をもった編集者がお客様のご要望にお応えします。

印刷会社ならではの合理的な納期・予算をご提供します。

  • 印刷原価での制作費のお見積
  • 印刷会社ならではの短納期
  • 専門知識を身につけた執筆者による代筆も可能
<こんな本をつくりたい>
自分史・体験記・遺稿集・追悼集・随筆・紀行文
句集・歌集・詩集・小説・絵本・画集・写真集・記念誌・社史など

自費出版無料相談会

自分史・記念誌・情報誌・会報・俳句集・写真集など、スタッフが原稿作成からしっかりとお手伝い致します。 予約制となっておりますので、まずはご連絡ください。

自費出版担当
田崎まき子
宝塚でタウン誌の制作に携わって20年。
編集のプロとして親切、丁寧にアドバイスさせていただきます。
本づくりの過程を楽しみながら、あなたの大切な1冊をつくっていきましょう。

本づくりの手順

本づくりの手順
値段
編集 当社の編集者が割り付け、校正などを行う費用
印刷・製本 組み版、製版から印刷・製本までの費用
(本の仕様以外に手書き・データなど原稿の形態によってもことなる)
装丁・デザイン 外箱やカバー、表紙のデザインなどをプロのデザイナーに発注する場合に必要。
色校正(カラーの場合) 普通1回ですが、回数によってプラスされます。
添削 リライトや大幅な添削が必要な場合
写真撮影 写真はご用意頂くのが原則ですが、作品集など撮影が必要な場合
取材・執筆 原稿のない場合や一部に対談やインタビューなどを入れる場合

自費出版のご依頼可能地域

自費出版では、仕様や色校正のご確認など、納得のいく作品作りのため、綿密な打ち合わせが必要になってきます。大阪市近郊以外の地域のお客様は基本的にお請けしておりません。あらかじめご了承ください。

宝塚・池田・芦屋・西宮・伊丹・尼崎・大阪市内・茨木・高槻・京都方面
問い合わせ
電話でのお問い合わせ:大阪本社 06-6448-7521 問い合わせ担当まで
メールでのお問い合わせ:問い合わせ専用窓口 thanks@ag-media.co.jp